サムソノワが東レパンパシフィックオープン初優勝!ウインブルドンの除外期間が飛躍の転機に<SMASH>

サムソノワが東レパンパシフィックオープン初優勝!ウインブルドンの除外期間が飛躍の転機に<SMASH>

ウインブルドンに出られなかった期間に強化を図ったというサムソノワが、勢いのある中国の19歳ジェン・チンウェンを決勝で破りタイトルを手にした。写真:滝川敏之(THE DIGEST写真部)

世界ランキング30位対36位。

 その数字だけ見れば、WTAツアー500の決勝の組み合わせとしては、やや物足りなく感じるかもしれない。

 ただ現在の二人の勢いを思えば、これ以上に頂上決戦に相応しい顔合わせもないとも言える。
 
 30位のリュドミラ・サムソノワは、直近の3大会で2度の優勝。

 36位のジェン・チンウェンは、現在最も勢いのある19歳。今季スタート時に156位だったランキングを駆けあがり、今大会の決勝進出時点で、初のトップ30入りも決めている。

 国籍はロシア、片や中国ではあるが、サムソノワはイタリア育ちで現在はフランスとモナコが拠点。対するジェン・チンウェンは2年前からスペインを拠点とする。両者ともにプレースタイルは、ベースラインからの強打が基軸。粘り強く、状況に応じてスライスやネットプレーを混ぜる器用さも兼備する。

 はたして試合は、予想された通りの激しく長い打ち合いとなった。第一セットは両者一歩も引かぬ並走状態から、少ないチャンスをものにしたサムソノワが抜け出す。

 だが第2セットに入ると、サムソノワに若干の疲れが見え始めた。今大会、ダブルスとのダブルヘッダーが続いたサムソノワは、「フィジカル的には準備万端だったが、メンタルが疲れていた」と認める。第2セットでは先にブレークするが、ダブルフォールトもあり、すぐにブレークバックを許した。

 ただ相手のジェン・チンウェンにしても、初めてのWTAツアー大会の決勝の舞台に、いつもと異なる重圧や緊張を覚えたのは間違いない。

「自分には、こういう試合の経験が少なかった」という19歳は、特にブレークポイントを取り切れなかったことを悔いた。

「40-30のチャンスで、相手のセカンドサービスなのに決めそこなった場面がいくつかあった」

 敗者が、試合のターニングポイントとして振り返ったこれらの場面は、勝者が「最近良くなったプレー」と挙げる点と合致する。
  この試合もセカンドサービスで59%の高確率でポイントを取ったサムソノワは、ツアー全体で見ても、セカンドサービスのポイント獲得率上位につける。それは彼女が、この夏に練習を重ね改善した点だという。

 幼少期をイタリアで過ごし、18歳までイタリア国旗の下でプレーしていたサムソノワは、4年前に国籍をロシアに移した。

 結果的にその決断が、ロシアのウクライナ侵攻への制裁措置のため、今季のウインブルドンに出られない結末を招く。「一番好きな大会」に出られなかった事実に、サムソノワは当然ながら深く落胆した。

 だが彼女は、「これは自分を向上させる良いチャンスだ」と、視座と思考を変えたという。4週間ツアーから離れた期間に、「サービスの打ち方からフォアハンド、そしてメンタリティを鍛えた」と彼女は言う。特にサービスは、「一回の練習で120~150本は打つ」ことで、精度と自信も深めてきた。

 ウインブルドン前のクレーコートシーズンでの戦績は、6大会に出て1勝6敗。

 その彼女がウインブルドン後に18勝1敗と大躍進したのは、決して偶然ではない。

 試合開始から、2時間5分。7-5、7-5のスコアで優勝を決めたのも、この試合を象徴するように、セカンドサービスでのサービスウィナーだった。

 取り組みの正しさを証明し、今季3勝目をつかみ取ったサムソノワは、ランキングも自己最高の23位に上がる。準優勝のジェン・チンウェンと共に、来季のテニスシーンを賑わせそうな新鋭が、台風一過の東京で加速をつけた。

取材・文●内田暁

【PHOTO】全米オープン2022で熱戦を繰り広げたジェン・チンウェンら女子選手の厳選写真!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?