大会の魅力は十分あったATPカップ。身体の負担、女子の意見。新設大会だからこそ生まれる課題にテニス界が迎えようとしている転換期

大会の魅力は十分あったATPカップ。身体の負担、女子の意見。新設大会だからこそ生まれる課題にテニス界が迎えようとしている転換期

ナダル擁するスペインは準優勝。移動距離、深夜に及ぶ試合と、エースにかかる負担は各国ともに大きかった。(C)Getty Images

新年早々にラファエル・ナダルとノバク・ジョコビッチの両雄が相対し、最終的にはセルビアが、スペインを破って初代チャンピオンの栄冠に輝く――。

 ATP主催の国別対抗戦として産声を上げたATPカップは、連日連夜熱戦続きで、ファンの応援合戦にも熱がこもった。スター選手は単複で獅子奮迅の活躍を見せ、ティム・ヘンマンやマラット・サフィンら往年のスター選手のキャプテン姿も、古株のテニスファンたちをうっとりさせる。主催者のATPやテニスオーストラリアにしてみれば、これ以上望めぬスタートを切ったのは間違いない。

 ただ、問題提起や批判の声が、内外から聞こえなかった訳ではない。特に、ATPカップ発足決定時から幾度も議題に上がってきた、「デビスカップの6週間後に、再び国別対抗戦を行なう必然性があるか?」の問いは、依然、宙に浮いたままだ。

 ナダルは「まるで、まだ昨シーズンが終わっていないようだ」と言い、ジョコビッチはデ杯の時にも繰り返した、「デ杯とATPカップを統合すべき」の提言を改めて強調する。セルビアの2番手を務めたドゥサン・ラヨビッチも、「わずか7日間しか休日は取れず、プレシーズンもたったの3週間。十分な準備期間とは言えない」と言い、「このことが、長期的にどのような影響を及ぼすのか、今季しっかり見ていかなくてはいけない」と進言した。
  また、これは“ワールドカップ型”に様式を変えたデビスカップでも見られた現象ではあるが、エース格の選手に掛かる負担が、あまりに大きいのは明白だ。ナダルとジョコビッチは共に、9日間でシングルス6試合、ダブルス2試合を戦い抜いている。

 この過酷なスケジュールで強いられるのは、試合による疲弊だけではない。拘束時間が長いため、通常のルーティーンを大きく狂わされることになるからだ。望むタイミングでマッサージや食事をとれないのは、リカバリーにも影響するだろう。当然、睡眠時間も削られる。準々決勝の対ベルギー戦後にナダルがベッドに入ったのは、翌朝の5時半以降だったと言う。

 さらに忘れてはならないのは、スペインとロシアの面々は、西海岸のパースでグループステージを終えた後、3,300キロの距離と3時間の時差を越えて、東海岸のシドニーまで移動しているという事実。開催地をどうするかは、今回、浮き彫りになった課題だろう。
  開催地関連でもうひとつ話題となったのは、ブリスベンのグループステージが、WTAの大会と同時期に同会場で行われたことである。ブリスベンには、地元オーストラリアやセルビア、フランス、カナダなど人気チームが集い、そしてATPカップの試合は全て、センターコートで行なわれた。このためWTAのブリスベン国際は、1回戦は全て外のコートに追いやられる形となったのだ。

 その事態は当然ながら、女子選手たちの不興を買う。カロリーナ・プリスコワは「男女でスケジュールをずらすべきだと思う」と言い、マリア・シャラポワは「まるで女子の試合は、ATPカップのお下がりのような扱い」と、一層痛切に批判した。
  母国での試合をセンターコートで戦えなかったサマンサ・ストサーも、「やや失礼だ」と主張した一人。ストサーはこの件に関して、テニスオーストラリアのクレイグ・タイリーCEOと、直接、話をしたという。さらにその際に彼女は、タイリーから“WTAカップ”の構想を聞かされた。

 ストサーはそのアイディアを、「とてもエキサイティング」だと歓迎し、大坂なおみも「私はチーム戦も好きよ」と好意的に捉えている様子。だが、ブリスベン国際優勝者のプリスコワは、「確かに面白いかもしれないけれど、私は今のままがいい」と、反対の旗幟を鮮明にした。

 選手評議会会長のジョコビッチは、WTAカップとの共催も視野に入れつつ、ATPやITF、そして新デビスカップの運営主であるコスモス社とも、今後話し合いを持っていくつもりだという。

 2020年という新たな十年紀を迎え、テニス界そのものが、大きな転換期を迎えようとしている。

文●内田暁
 

関連記事(外部サイト)