大坂なおみオープニングマッチで躍動!大会連覇に向けて余裕のスタート【全豪オープンテニス】

【全豪オープン】大坂なおみがオープニングマッチでマリー・ボウズコワに完勝

記事まとめ

  • 全豪オープンが開幕し、大坂なおみがオープニングマッチでマリー・ボウズコワと対戦
  • 大坂なおみは立ち上がりにアンフォーストエラーを重ねたが、第1セットを6-2で取った
  • 大坂は第2セットも6-4で取ってボウズコワを破り、2回戦でジェン・サイサイと対戦する

大坂なおみオープニングマッチで躍動!大会連覇に向けて余裕のスタート【全豪オープンテニス】

大坂なおみオープニングマッチで躍動!大会連覇に向けて余裕のスタート【全豪オープンテニス】

ディフェンディングチャンピオンとして開幕戦に臨んだ大坂は、得意のサービスに加えラリー戦でも相手を圧倒。大会連覇に向けて好スタートを切った。写真=山崎賢人(THE DIGEST写真部)

2020年シーズン最初のグランドスラム大会、全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)が1月20日に開幕。そのオープニングマッチで前回大会覇者の大坂なおみがマリー・ボウズコワ(チェコ)を6ー2、6ー4で下し、白星スタートを切った。

 ボウズコワのサービスで始まった第1セット。大坂は慎重にボールを散らしてミスを誘う相手に対し、立ち上がりはアンフォーストエラーを重ねるも、要所ではきっちりとウイナーを沈めゲームは明け渡さず。すると2−2で迎えた第5ゲームでは、5度目のブレークポイントを取り切って3−2とすると、そこから一気に3ゲームを連取。試合開始から36分で第1セットをものにする。
  第2セットに入っても、大坂は掌握したゲームの流れを手放さなかった。第6ゲームでサービスをブレークされるも、続く第7ゲームでは「強化中」というリターンが冴えブレークバックに成功すると、第9ゲームでもサービスをブレーク。3ゲーム連取でスコアを5−4とした。

 2019年シーズンに順位を85位もアップさせトップ100入りを果たすなど勢いのある21歳のボウズコワだが、ゲームを重ねるごとに強さを増す大坂に打つ手なし。大坂が第10ゲームを難なくキープして初戦にピリオドを打った。

  順当に2回戦に駒を進めた大坂は、次戦でジェン・サイサイ(中国)と対戦する。大坂は過去ジェンとは2度顔を合わせており、戦績は1勝1敗。直近は2016年のマドリードで、その際は大坂が勝利している。

【PHOTO】笑顔で練習をする大坂なおみ!フェデラーやナダルも黙々と打ち込み

構成●スマッシュ編集部
 

関連記事(外部サイト)