ルブレフが開幕8連勝で2度目のV!オークランドではフランスの新鋭アンベールがツアー初優勝【テニスATPツアー】

ルブレフが開幕8連勝で2度目のV!オークランドではフランスの新鋭アンベールがツアー初優勝【テニスATPツアー】

快進撃を続けるルブレフ(左)とツアー初優勝のアンベール(右)(C)GettyImages

1月12日〜18日にかけて行なわれた「アデレード国際」(ATP250/オーストラリア・アデレード)の決勝で、第3シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が、ロイド・ハリス(南アフリカ)を6−3、6−0で圧倒し、初開催の今大会で初代王者に輝いた。

 ルブレフは第1セット、4本のブレークポイントを握られるも、すべて凌いでセットを先取。第2セットは逆に、1本のブレークポイントも握られることなく、自身は3本のブレークポイントをすべて奪取し、ベーグル(相手に0をつけるスコア)で勝利を決めた。

 前週のカタールに続き2週連続の優勝となったルブレフ。開幕戦から8連勝という好調さについて「こんなふうになるとは思っていなかったけど、本当にうれしい。この調子を続けたい」と語った。
  同日に決勝が行なわれた「ASBクラシック」(ATP250/ニュージーランド・オークランド)では、ノーシードのユーゴ・アンベール(フランス)が、第5シードのブノワ・ペール(フランス)との同胞対決を、7−6(2)、3−6、7−6(5)で制し、ツアー初優勝を飾った。

 21歳のアンベールは、昨シーズン3つのATP250大会でベスト4に進出していたが、決勝で戦うのはこれが初めてだった。

 準々決勝で第2シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)、準決勝で第4シードのジョン・イズナー(アメリカ)、そして決勝のペールと、シード選手に連続で勝利する快進撃となったアンベールだが、今大会で破った5選手のうち、4選手が0勝1敗という対戦成績だった。そのことについて「復讐のトーナメントだったね(笑)」と冗談を飛ばしながらも「こんなシーズンの始まりは夢にも見なかった」とした。


■1月13日週のATP試合結果■
●アデレード国際/ATP250
開催地:オーストラリア(アデレード)
賞金総額:61万10ドル
A・ルブレフ[3](ロシア)6-3 6-0 L・ハリス(南アフリカ)

●ASBクラシック/ATP250
開催地:ニュージーランド(オークランド)
賞金総額:61万10ドル
U・アンベール 7-6(2)3-6 7-6(5) B・ペール

■1月20日週のATPツアースケジュール■
●全豪オープン/オーストラリア・メルボルン/GS(20日〜2日)

【PHOTO】本戦前日に笑顔で練習する大坂なおみ!フェデラー、ナダルも黙々と打ち込む!!

構成●スマッシュ編集部
 

関連記事(外部サイト)