大坂なおみが快勝で2回戦進出!西岡良仁も格上を下して4年連続の初戦突破【全豪オープン1日目】

大坂なおみが快勝で2回戦進出!西岡良仁も格上を下して4年連続の初戦突破【全豪オープン1日目】

女王らしい貫禄のプレーで初戦を突破した大坂(右)と緩急をつけた独特のスタイルで勝ち切った西岡(左)。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

2020年シーズン最初のグランドスラム大会、全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)が1月20日に開幕。日本勢は大坂なおみと、西岡良仁が初戦に登場し、それぞれ勝利を収めた。

 第3シードの大坂の初戦の相手は、世界ランク59位のマリー・ボウズコワ(チェコ)。今回が初対戦となったが、サービスゲームのポイント獲得率や、ウィナーの数など、多くの面で勝る大坂が、計4本のブレークに成功し、6ー2、6ー4で勝利を収めた。

 前年女王の大坂は試合後のインタビューでは、「本当にタフな試合で、落ち着いてプレーするのに苦労した」としつつも、スタジアムを埋める観客へ向けて「私のために来たのではないかもしれないけど、応援してくれてありがとう」と笑いを誘うなど、大坂らしいチャーミングなコメントをしてみせた。
  15番コートに登場した西岡は、世界40位のラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。ジュニア時代からの仲で、過去にはダブルスでペアを組んだこともあるというジェレに「少し固くなってしまった」という西岡だったが、6−4、3−6、6−2、7−6(1)で勝ち切った。

「いかにして勝つか、ということを毎セット考えながらプレーしていた」という西岡は、得意のフォアハンドのムーンボールに、バックハンドのフラットを織り交ぜる、チェンジオブペーススタイルでジェレを翻弄。4年連続での全豪オープン初戦突破となった。

 2回戦の相手は世界32位のダニエル・エバンス(イギリス)で、格上との対戦が続く。厳しい戦いが予想される西岡だが「ムーンボールを上手く使って、相手のペースを崩していきたい」と、あくまで自身のプレースタイルを貫く姿勢だ。

 20日にはこの他、伊藤竜馬、日比野菜緒が登場する予定だったが、降雨のため試合は21日に順延となった。

■1月20日(月)の日本人結果
ロッド・レーバー・アリーナ
第1試合/大坂なおみ(日清食品) 6-2 6-4 M・ボウズコワ(チェコ)
15番コート
第1試合/西岡良仁(ミキハウス) 6-3 3-6 6-2 7-6(1) L・ジェレ(セルビア)

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】本戦前日に笑顔で練習する大坂なおみ!フェデラー、ナダルも黙々と打ち込む!!
 

関連記事(外部サイト)