大坂なおみ「もう、目標は楽しむことじゃない!」盤石の強さを見せつけたディフェンディングチャンピオンの内なる決意とは【全豪オープン】

大坂なおみ「もう、目標は楽しむことじゃない!」盤石の強さを見せつけたディフェンディングチャンピオンの内なる決意とは【全豪オープン】

全豪オープンの開幕戦で圧勝劇を演じた大坂。その視線の先に捉えているものは…。写真=山崎賢人(THE DIGEST写真部)

「生きる伝説」とも呼ばれるロジャー・フェデラーは、かつて「たとえ何回優勝していても、グランドスラム初日の朝の、あの胃が痛くなるような感覚は無くなるものではないんだ」と、開幕戦の重みを語ったことがある。

 2度のグランドスラム優勝者である大坂なおみも、そのような朝を幾度か経験してきたのだろう。特に昨シーズンは、コート上で緊張や重圧に押しつぶされたこともあった。それらの経験から彼女が得た真理が、「初戦では完璧なプレーをするのは難しい」ということ。さらに昨年末は、「もう『目標は楽しむこと』とは言いたくない。最近は、自然とそれができるようになったから」とも言っていた。

 無理に高すぎる理想を追わず、現状を受け入れ「目の前のことに集中すること」。それが、彼女がこの1年ほどで学んだことだった。

 大会初日の、センターコート第1試合に組まれた試合で、本人曰く「ちょっとオトナになった」姿を披露する。

 対戦相手のマリー・ボウズコワは、大坂より1歳年少の2014年全米オープン・ジュニア優勝者。ジュニア卒業後は、次々に結果を残す同世代の後塵を拝したが、昨シーズンは急成長の時期を迎え、ランキングも100位台から60位以上ジャンプアップ。今回が初の全豪オープン本戦で、相手は前年優勝者という状況は、実力者のボウズコワを、失うもののない危険なチャレンジャーに変えていた。
  第1ゲームの序盤では、相手のその思い切りと、大坂の硬さが出ていたかもしれない。第4ゲームではダブルフォールトもあり、ボウズコワがブレークのチャンスも手にした。

 だがこの場面で大坂は、プレーのレベルを引き上げる。特に2度目のデュースでは、フォアのアングルへのウイナー、そしてお互い左右に振り合う激しい打ち合いの中からバックのダウンザラインを叩き込む。そうして一度踏み込んだアクセルペダルから、大坂は足を離さない。このゲームを含む5ゲーム連取で、第1セットを6−2で奪取した。
  試合開始時はまばらだった客席の、多くが埋まりアリーナの熱気が高まり出した第2セットに入ると、大坂のプレーも彼女らしさを増していく。

 第2ゲームで2本のブレークポイントを握られるが、ここからまずはセンターに189キロ、次はワイドに179キロの連続エースで、瞬時に危機を切り抜ける。さらに続くサービスはネット中央部に当たりフォールトとなるが、この一打が、ネットの留め具を破壊する珍事も発生。その修理のために試合は一時中断され、大坂のサービスがファーストからとなるラッキーも。この幸運を生かして再開後はサービスでウイナーを奪うと、最後も185キロのエースを叩き込んだ。

 第6ゲームでは、ミスを重ねてこの試合初のブレークを許すも、「3セットには行きたくない。2セットで終わらせなくては」と集中力を高めて、すぐさま次のゲームをブレーク。そしてこの場面でもまた、第1セット同様に彼女は加速を緩めない。第9ゲームを連続ウイナーでブレークし、開幕戦を盤石の勝利で飾った。
  この日のメルボルンは朝から雷雨の予報で、現に午後からはひょうも降る荒れた天気に。だが大坂の試合中は天気も持ち、時折日差しがコートを照らした。昨年、このコートで「太陽が照っていると『私が輝く時よ!』という気になるの」と笑っていた彼女にとっては、その意味でも、心地よい大会のスタートとなっただろう。

「ここは、恐らく一番好きな場所。ファンの雰囲気もすごく良いし」

 そのファンへの謝意を示すように、試合後の彼女はたっぷりと時間を掛けて、可能な限りサインや写真の求めに応じる。

 2020年の全豪オープンは、大坂の笑顔と共に幕を明けた。

取材・文●内田暁

【PHOTO】大坂なおみ特集|強烈サーブでネット破壊!全豪OP連覇へ好発進

関連記事(外部サイト)