ゆるキャラがガチンコシングルスマッチ!? 時におかしく、時に真剣な「ゆるキャラテニス大会 テニスキカップ」開催

ゆるキャラがガチンコシングルスマッチ!? 時におかしく、時に真剣な「ゆるキャラテニス大会 テニスキカップ」開催

イベントを盛り上げた(左から)ちょうせい豆乳くん、ピーくん、たうてに君、てにまる、りっぴー。写真=滝川敏之

ゆるキャラたちが集い、テニスで熱い戦いを繰り広げるキャラテニス大会「テニスキカップ」が、2月16日(日)にタウンテニス大泉学園内の特設ミニコートで行なわれた。3回目となるこのイベント。前回は一昨年の開催で、的当てや、トリプルスマッチを行なったが、今回はゆるキャラ4体による、3ゲーム先取のガチンコシングルスマッチ。

 参加するのは、テニス宣伝大使『てにまる』、ピーアーク宣伝部長で第1回大会優勝の『ピーくん』、埼玉県川越市の非公認キャラクター『りっぴー』、日本豆乳協会公式キャラクターの『ちょうせい豆乳くん』の4体だ。

 まずは、イベントの進行と審判を務める群馬県出身の“ぐんまー”ソングライター「yoshimi」さんがプロデュースした『テニスがすき』という楽曲に合わせて準備体操。試合をする4体と、今回は応援担当として参加した、テニスコートの妖精こと『たうてに君』も加わり元気に行なわれた。
  身体もほぐれたところでいよいよ試合開始。第一試合はてにまるとちょうせい豆乳くんの戦い。そのインパクトの強い風貌からか、今大会のダークホースと目されていたちょうせい豆乳くんだったが、てにまるの打つサービスを、微動だにせず身体で受け止めたり、自分の横を通り過ぎるボールに全く反応しないなど、なんだか様子がおかしい…

 視力が悪いのか、"視界不良"なのか、ボールがよく見えていないらしいちょうせい豆乳くんは、バウンドの音を頼りになんとか返球を続けるも、0−2と追い詰められてしまった。するとここで、今度はてにまるをトラブルが襲う。

 大人の事情で詳しくは語れないが、ラリーの最中で、頭部に“不具合”が発生してしまったのだ。てにまるは即座にメディカルタイムアウトを要求。治療には時間を要するということで、ここで第一試合は終了となり、取得ゲーム数で優っていたことからてにまるが勝利となった。
  第二試合で戦うのはピーくんとりっぴー。両者ともに、俊敏なフットワークと鋭いストロークを持ち味としており、試合は激しいストローク戦となったが、ここぞというポイントをしっかり取り切ったりっぴーが3−0で勝利した。

 第三試合は、やはりボールが見えないちょうせい豆乳くんをりっぴーが3−0で破り、迎えた第四試合。ピーくんと、復活したてにまるが戦うのだが、てにまるにまたも“不具合”が発生。再度治療を行なうも、これ以上のプレーは不可能と判断され、やむなく大会を棄権した。

 残りの3体で総当たり戦を続行し、試合の結果から、3位が0勝3敗でちょうせい豆乳くん、2位は2勝1敗のピーくん、1位は1ゲームも落とさない完璧なプレーで3戦全勝を果たしたりっぴーとなった。
  てにまるの棄権により試合数が減ってしまったため、表彰式の後に、たうてに君も参戦してダブルスのエキジビションマッチを実施することに。厳正なるグーパーの結果、たうてに君/ちょうせい豆乳くんの「チーム四角」VSりっぴー/ピーくんペアの「チームまる」で行なわれ、圧倒的不利と思われていた「チーム四角」が、予想外の好プレーを連発するなど、こちらも大盛り上がりの内容となった。

 試合で使用されたのは、大きくて柔らかい『レッドボール』。通常のボールに比べコントロールが容易で、ラリーが続きやすい。次第に慣れてきたキャラたちも、時には笑いを取りながら、時には白熱のラリーを繰り広げた。

 イベント開始直前まで雨が降っており、開催が危ぶまれた今大会だったが、天気も何とか回復。会場には多くの観客が訪れ、テニス観戦を楽しみ、ゆるキャラとのふれあいを楽しみ、充実したイベントとなった。

取材・文●金元雄太(スマッシュ編集部)

【テニスキカップPHOTO】キャラテニス大会「テニスキカップ」が開催されました!優勝したのはどのキャラ!?

関連記事(外部サイト)