「開幕戦がキャンセルになり、久々に…」佐藤琢磨が錦織圭、山縣亮太との3ショットを公開。「神ショットです!最高」と歓喜に沸く

「開幕戦がキャンセルになり、久々に…」佐藤琢磨が錦織圭、山縣亮太との3ショットを公開。「神ショットです!最高」と歓喜に沸く

錦織、佐藤、山縣(左から)スポーツ界最高峰の3ショットにファンが沸いた!(C)Getty Images

インディカーレーサーの佐藤琢磨が、自身のSNSで”夢のような3ショット”を公開した。

「セントピーターズバーグでの開幕戦がキャンセルになり、久々に圭くん、そして山縣選手!と集まりました。試合やレースを皆さんに見て頂ける事が当たり前ではないことに気が付かされました。一日も早く事態が終息に向かう事を、願っております!」

 ツイッターで綴られた言葉と同時にアップされた写真には、リオ五輪銅メダルのテニスの錦織圭(日清食品)、同大会4×100mで銀メダル、陸上の山縣亮太(セイコー)とともに笑顔でガッツポーズを見せる3人の姿が…。佐藤43歳、錦織、30歳、山縣27歳と、年代はバラバラだが、トップアスリートが顔を並べる写真からは、オーラが感じられる。

 この投稿には「すごいメンツだ」「神ショットです!最高」「意外な繋がりですね」「皆さんの笑顔が日本に元気を与えてくれます」と普段はなかなか見られないメンバーだけに歓喜に沸いた。
  佐藤は3月13日〜15日(現地時間)、セントピーターズバーグにて開催される予定となっていた、NTTインディカー・シリーズ開幕戦のために現地入りしていた。12日には期間を3日から2日に短縮し、無観客で行なうことが発表されるものの、13日に中止が決まった。

 インディカーレースはセントピーターズバーグに加え、全4戦の中止を発表。4月いっぱいまでレースは開催されない。錦織も男子ツアーが4月26日まで中止されることになり、右ヒジ手術からの復活が先延ばしになった状況だ。山縣は昨年肺気胸を患い、戦列を離れたが、東京五輪の選考大会へ向けて調整を行なっている。

 錦織と山縣はフロリダの「IMGアカデミー」を練習拠点にしているという共通点もあり、そういった縁がこの3人の会合を実現させたといえるだろう。

 大きな打撃を受けているスポーツ界ではあるが、こういった投稿で光を照らすことができるのも、彼らだからできることだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】錦織圭、19年シーズンの4大大会を奮闘した厳選ギャラリー!!
 

関連記事(外部サイト)