「木製ラケットで壁打ちしていた」生ける伝説フェデラーが、テニス少年だった幼少期を振り返る

「木製ラケットで壁打ちしていた」生ける伝説フェデラーが、テニス少年だった幼少期を振り返る

8歳からテニスを始めたフェデラー。ここまで成功できるとは夢にも思っていなかったという。(C)GettyImages

現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、テニスのツアーは男女とも6月7日まで中断をしている。そんな中、これまで103のATPツアータイトルを有し、歴代最多20回のグランドスラム優勝、310週もの間ATPランキングのトップに君臨したスイスの英雄、ロジャー・フェデラー。今や、生ける伝説とも呼ばれるフェデラーだが、そんな彼も昔はただのテニス少年だったと、ATPのインタビューで答えている。

「僕の最初の記憶は、木製ラケットまで遡ることができる。今のように黄色く光るテニスボールではなく、白いボールを打っていた。スイスでは、ノンプレッシャーボールをよく使っていた。きっと、みんな同じことを言うと思うよ」とフェデラーは笑った。「壁や戸棚、ガレージのドアに向かって壁打ちしていた。何時間もね」

 テニスを経験した多くの子どもたちと同じように壁打ちを楽しみながら育ったフェデラーは、テニスを愛するようになった。理由はいくつもある。直近3年間の連続優勝を含めて10回の優勝経験を誇る、スイス室内のボールボーイだったことは、あまりにも有名だ。
 「(テニス関連の)たくさんのステッカーを集めていたよ。90年代はじめだったと思うんだけど、当時のテニス選手たちについて書いてある本もあった。トーナメントにトロフィーなんかについても書いてあって、それを読んで色々なことを知ったよ。そして最終的に、スイス室内のボールボーイになったんだ。

 サインをもらうために選手たちを追いかけていた。当時はセルフィーなんてなかったから、大したことはできなかった。だから、彼らと会った思い出は、僕の記憶の中だけにしまってあるよ」

 フェデラーはこれまで、1242ものシングルスマッチに勝利し、過去19年間を平均すると、年5大会でツアータイトルを獲得している。だが、幼かったフェデラーはこれほどまでに成功するとは夢にも思っていなかったようだ。
 「いつかトップ100に入って、いくつか大きな大会に出られたらいいというくらいしか考えていなかった。でも次第に、大きな大会のセンターコートで、15000人に見守られながら戦うことが日常になっていった。それがいかに特別なことなのか、みんな忘れがちだけれど、僕は決して忘れない。毎試合、できる限り楽しもうと心がけているんだ」

 フェデラーが幼い頃、彼の両親も息子がこれほどまでに大成するとは考えていなかったようだ。実のところ、彼の両親はスポーツとは程遠い人生を送ってきた。

「スイス人は、学業こそが最優先であると考えがちなんだ。両親も同じで、僕に勉強が大切だと教えてくれた。でも近頃は、多くの人がスポーツをキャリアの選択肢のひとつだと信じるようになってきたと思う。僕がテニスコートに立って、みんなに見せてきたことで、スポーツの可能性を少しでも示せたんじゃないかな。スイス生まれの次世代のアスリートやスーパースターの助けになれると信じているよ」
  とはいえ、スイスの人々がスポーツに全く無関心だったわけではない。フェデラー自身も、地元のサッカークラブであるFCバーゼルを長年応援してきた。「スイス人は本当はスポーツが好きだと思うんだ。他国の選手やチームを応援したり、ラテン系の人々のように強く熱狂することがないだけで、結局のところ、僕たちはスポーツを愛しているよ」

 38歳のフェデラーは、プロテニスプレーヤーが経験するであろうあらゆることを経験してきた。だが、彼はそのことを当然だとは思っていない。

「僕は毎日、最大限の努力ができるように努めている。練習でも、試合でもね。それから、ファンたちにどれほど感謝しているか伝えようとしているんだ。アップダウンが激しい毎日だけど、すべての瞬間を楽しんでいるよ」

 数々の記録を塗り替え続けるフェデラー。2月には、右ヒザを手術したことを発表し、世間を驚かせたが、まだまだ彼の挑戦は続くようだ。

文●誉田優
フリーライター。早稲田大学スポーツ科学部卒業。
Twitter:yu_honda/instagram:yu_honda

【PHOTO】史上最強の王者!絶大な人気を誇るロジャー・フェデラーの「ウィンブルドン2019」を振り返る!

関連記事(外部サイト)