「すべての人の健康のために正しい決断」悲願の金メダルを狙うジョコビッチが、スペシャルシューズの写真とともに思いを公開

「すべての人の健康のために正しい決断」悲願の金メダルを狙うジョコビッチが、スペシャルシューズの写真とともに思いを公開

北京五輪での銅メダルがオリンピックでの最高成績。実は金メダルは獲得していないジョコビッチ(右)。(C)GettyImages

東京五輪が2021年に延期になり、テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、自身のSNSでコメントした。

 昨年の楽天オープンに来日した際に履いていた、『TOKYO2020』と書かれたカラフルなアシックスのシューズを手に持った写真を投稿し、「この写真は昨年日本で撮影しました。オリンピックが延期になったことは残念ですが、オリンピックにかかわるすべての人の健康のために正しい決断です。2021年のオリンピックを楽しみにしましょう」とのコメントを添えた。

 このツイートには、「来年日本で待っています」など日本のファンも反応。楽天オープンでのジョコビッチの神対応に感動したファンも多く、来日時に撮影した写真や動画もアップする人もいた。

 ジョコビッチは長い間、日本の大会に出場することはなかったが、昨年10月の楽天オープンで初参戦し、見事優勝している。
  これは、東京五輪のために改修された有明コロシアムで、オリンピックよりも前にプレーして感覚をつかんでおきたかったための出場であることは明らかで、本人も優勝して手ごたえを感じていた。その時には、「また来年オリンピックで戻ってきたい」と語っていた。
 
 現在1位のジョコビッチではあるが、金メダルはまだ持っていない。メダルは北京五輪の銅メダルのみで、2012年のロンドン五輪では3位決定戦でデルポトロに敗れ、2016年のリオ五輪でも1回戦でデルポトロに苦杯を喫している。

 国の代表として戦うことに熱い想いを持つジョコビッチだけに、東京五輪では金メダル獲得に意欲を燃やしている。そして、もしも獲得できれば、4つのグランドスラムと五輪優勝の『ゴールデンスラム』を達成する。2021年に延期されても、ジョコビッチは出場し、活躍することだろう。

構成●スマッシュ編集部

【楽天OP PHOTO】ジョコビッチが手にしているシューズ、本当に履いていた!
 

関連記事(外部サイト)