「不快だね」フォニーニがイタリアの若手について、独特の表現で現地メディアに語る。2025年のNo.1予想も!【男子テニス】

「不快だね」フォニーニがイタリアの若手について、独特の表現で現地メディアに語る。2025年のNo.1予想も!【男子テニス】

自由奔放な感情表現が魅力のフォニーニ。初のマスターズ優勝を飾ってから1年後、現地メディアのインタビューに答えた。(C)Getty Image

男子テニス世界ランク11位のファビオ・フォニーニが、母国イタリアのTV番組にライブ動画で出演してツアーでの難敵や若手選手について語った。

 フォニーニは昨シーズン4月に開催されたATPツアー1000・モンテカルロ・マスターズの決勝で、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6−3、6−4で下して、マスターズ初制覇を達成した。同レベルの大会でイタリア勢としては51年ぶりとなる優勝だった。

 連覇をかけて臨むはずだった今シーズンのモンテカルロ・マスターズは、新型コロナウイルスがパンデミック化した影響で、残念ながら中止が決定した。これを受けて、イタリア衛星放送『スカイ・スポーツ』は、同大会で熱戦が繰り広げられているはずだった4月15日(現地時間)、自宅隔離中のフォニーニにライブ動画によるQ&Aインタビューを敢行した。
  上位選手以外で最悪の対戦相手は?と聞かれたフォニーニは、「2人いる。ダビド・フェレールとジル。シモンだよ。両選手ともに複数回対戦していて、いつも自分が負ける。フェレールとは何度か決勝で対戦したけれど、その全ての試合でほんのわずかなチャンスさえも与えてくれなかった」と回答。フェレールは特に苦手だったようだ。

 一方、自身のベストコンディションを前提としながら、トップ選手の中で接戦に持ち込める可能性があるのは、「(自分の)プレースタイルから考えるとラファエル・ナダルかな。厳しい状況に追い込める可能性があるんじゃないかな。ノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーは、相手のリズムを崩すんだ。そして、考える余裕を与えないからね。ナダルはプレーさせてくれる。タイプが違うんだ」とコメント。昨シーズンのモンテカルロは、ナダルをストレート(6−4、6−2)で下しての決勝進出だった。

 暴言や感情的な態度で悪童のイメージが定着しているフォニーニ。だが、2015年全米オープン女子シングルスの覇者フラビア・ペンネッタと2016年に結婚し、翌年に第一子を授かってから成績が上向いている。2018年はシーズン通算で決勝進出4回、優勝3回。そして、昨シーズンはモンテカルロで優勝の後も好調を維持して、32歳で自身初のトップ10入りを果たす。年末には第二子も誕生した。
  キャリア最高と言える昨シーズンとなったフォニーニだが、しかし、より注目を集めたのは同胞の若手選手、『NextGen』で優勝した若干18歳のヤニック・シナーと全米オープンで準決勝へ進出した世界ランク8位のマッテオ・ベレッティーニだった。

 フォニーニはこの2選手の活躍をどう思っているのだろう……。

「不快さ。でもそれは単に闘争心からだけどね。テニス界を盛り上げてくれるあの勢いに、刺激を受けているよ」と、らしいコメント。続けて、「2人ともまだ若く、バラ色の未来が待っている。でも、今はテニスに集中できるようにしてあげるべきだ」とベテランの立場から加熱する報道に苦言を呈した。
  最後の質問で2025年の世界ランク1位は誰かと聞かれたフォニーニの回答は、「ドミニク・ティーム」。ここ3年、毎シーズン対戦してきた手ごたえからか、オーストリアの新鋭が5年以内に王座に就くと予想した。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、自宅でのトレーニングが続く中、フェリシアーノ・ロペス、スタン・ワウリンカやグリゴール・ディミトロフと連絡を取り合っていると言う。「今はまだとっても厳しい状況だけれど、何よりも重要なことは中断が終わりツアーが再開されることだね」と実戦への渇望を語っている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】イケメン多数!テニス界の次世代を担う「期待の若手」プレーヤーたち!
 

関連記事(外部サイト)