「出場が楽しみ」マドリードのバーチャルゲーム大会に錦織圭の参戦が決定!大会の様子はネットで配信予定

「出場が楽しみ」マドリードのバーチャルゲーム大会に錦織圭の参戦が決定!大会の様子はネットで配信予定

ゲーム好きの錦織もついに参戦決定だ。(C)GettyImage

5月3日から10日まで予定されていたATPマスターズ1000シリーズの「マドリード・オープン」は、新型コロナウイルスの影響により大会が中止となった代わりに、オンライン上で『ムチュア・マドリード・オープン・バーチャル・プロ』という大会を4月27日から30日にかけて開催する。

 ビデオゲームのオンライン対戦を利用したこの大会には、男女各16名のプロ選手が参加するのだが、参加選手は大会公式ホームページで順次発表されており、21日(日本時間)には、錦織圭やドミニク・ティームなどの出場が発表された。

 11日に行なわれた、自身の公式アプリでのライブ配信で「(大会に)出てみたい」と話していた錦織だが、念願叶っての出場について大会公式ホームページで「このようにユニークな形でのマドリード大会に出場できることを楽しみにしています」とコメント。続けて「私たちはみんな、早くコートに戻りたいと思っているけれど、たとえ家にいてもこのような形でファンを楽しませることはできるし、今はそれが必要です」とした。
  現在発表されているのは男女各14名(選手リストは記事の最後に記載)。残る4名も近日中に発表されるという。なお、この大会の優勝者には賞金として15万ユーロ(約1770万円)が与えられ、その中から、経済的に苦しんでいる選手に寄付する金額を自由に決めることができる。さらに追加で5万ユーロ(約590万円)が新型コロナウイルス対策として寄付される予定だ。

 今までにない、ユニークな試みになるであろう今大会の模様は、ネットや大会のSNSで配信される。来週には、バーチャルな世界で久々のテニス観戦を楽しんでみてはいかがだろうか。

以下出場予定選手リスト(4月22日時点)

【男子】※カッコ内は国籍、世界ランキング
ラファエル・ナダル(スペイン、2位)
ドミニク・ティーム(オーストリア、3位)
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ、7位)
ガエル・モンフィス(フランス、9位)
ダビド・ゴファン(ベルギー、10位)
ファビオ・フォニーニ(イタリア、11位)
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン、13位)
カレン・ハチャノフ(ロシア、15位)
ジョン・イズナー(アメリカ、21位)
錦織圭(日本、31位)
ルーカス・プイユ(フランス、58位)
フランシス・ティアフォー(アメリカ、81位)
アンディ・マリー(イギリス、129位)
ダビド・フェレール(スペイン、引退)

【女子】
カロリーナ・プリスコワ(チェコ、3位)
エリーナ・スビトリーナ(ウクライナ、5位)
ビアンカ・アンドレスク(カナダ、6位)
キキ・バーテンス(オランダ、7位)
ベリンダ・ベンチッチ(スイス、8位)
マディソン・キーズ(アメリカ、13位)
ヨハンナ・コンタ(イギリス、14位)
アンジェリーク・ケルバー(ドイツ、21位)
クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス、42位)
フィオナ・フェロ(フランス、53位)
ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ、58位)
カルラ・スアレスナバーロ(スペイン、68位)
ソラナ・シルステア(ルーマニア、75位)
ユージェニー・ブシャール(カナダ、332位)

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!

関連記事(外部サイト)