期待の若手シャポバロフが語る、フォアハンドを打つ時に気を付けていること【テニスレッスン】

期待の若手シャポバロフが語る、フォアハンドを打つ時に気を付けていること【テニスレッスン】

フォアハンドについて詳しく説明してくれたシャポバロフ。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

ATPランキング16位で、華やかなプレーでも人気のあるデニス・シャポバロフ21歳。前回のバックハンドに続いて、フォアハンドを打つ時に気を付けているポイントを教えてもらった。

「どの高さからスタートするかは人によって違うけど、バックハンドと似ていて、僕のセットアップは結構高い。テイクバックする時に右手(※非利き手。シャポバロフは左利き)をラケットに添えているのは、そのスタイルが好きだから。テイクバック後に右手を離して、右手を使ってボールとの距離を判断するんだ。右手を使うことで、身体の前にスペースを作ることもできるよ。

 バックハンドも同じだけど、ラケットはボールの下から出して行く。そうすれば、スピンをかけられる。打球後は腕をできるだけ伸ばしていくことで、自分がボールを運びたい場所に、スピンをかけてボールを持っていけるんだ。

 僕のスイングは大きいから、パワーを生み出すのに役立っている。小さいスイングの人よりも、より多く前に押せるから、よりパワフルなショットが可能になるんだ。もちろん、ラケットとストリングにもとても助けられているよ。本当にパワーのあるスピンをコントロールしていきたいと思ったら、これは重要なことだからね。
  インパクトで大事なのは、身体の前でボールを捉えること。バックハンドと同様に人によって好きな場所は違うけどね。

 インパクトではヒジを少し曲げている。これは、さらに回転をかけてボールに向かってパワーを加えるため。あと、ヒジが身体よりも前に来ているのも大切。これが身体より後ろにあるとスイングしづらくなってしまうから」

 フォアハンドもテイクバックからスイング、インパクトについて詳しく説明してくれた。これらは一般プレーヤーにも参考になることなので、自分のフォームをチェックしてみよう。

解説●デニス・シャポバロフ/Denis Shapovalov(カナダ)
1999年4月15日生まれ。183cm、75kg、左利き、片手BH。ATP16位(2020年3月16付)。19年にストックホルムでツアー優勝。躍動感に溢れる攻撃的なプレーでファンを魅了する。使用ラケットとストリングはヨネックス『VCORE95』と『POLYTOUR STRIKE』

構成●スマッシュ編集部 撮影協力●ヨネックス(株)
※スマッシュ2020年1月号から抜粋・再編集

【PHOTO】シャポバロフの華麗なフォアハンドを、ハイスピードカメラによる『超分解写真』で見てみよう!
 

関連記事(外部サイト)