西岡、ダニエル、国枝ら国内トップ選手がエキジビション大会で熱戦!話題のニューミックスダブルスも!

西岡、ダニエル、国枝ら国内トップ選手がエキジビション大会で熱戦!話題のニューミックスダブルスも!

ニューミックスダブルスに出場した4選手(左上:西岡、左下:国枝、右上:荒井、右下:ダニエル)。写真提供:チャレンジテニス

6月27日から28日にかけて、日本テニス界のトップ選手が集結するエキジビション大会「チャレンジテニス」が、吉田記念テニス研修センター(千葉県、柏市)で行なわれた。

 この大会は、車いすテニス国枝慎吾と、ダニエル太郎の呼びかけにより企画された大会で、日本国内在住のプロテニス選手9名と車いすテニス選手2名が「Team Shingo」、「Team Taro」の2チームに分かれて団体戦を行なうというもの。

 上記の2名の他、西岡良仁(28日のみ)、添田豪、伊藤竜馬、内山靖崇、綿貫陽介、守屋宏紀、斉藤貴史、中川直樹、荒井大輔(車いすテニス)と、非常に豪華なメンバーが出場し、万全な新型コロナウイルス感染対策の下、1試合45分の特別ルールで総獲得ゲーム数を競った。
 
 大会初日の27日の結果は以下の通り。

第1試合:中川直樹 6−5 斉藤貴史
第2試合:守屋宏紀 4−5 綿貫陽介
第3試合:伊藤竜馬 4−4 添田豪
第4試合:国枝慎吾 8−3 荒井大輔【車いすテニス】
第5試合:内山靖崇 5−6 ダニエル太郎
総合結果:Team Shingo 27−23 Team Taro
  2日目の28日には、シングルスが5試合に加え、ニューミックスダブルス(健常者と車いす選手のダブルス)も行なわれ、西岡/国枝ペアとダニエル/荒井ペアが、健常テニスさながらのハイレベルなプレーを披露した。

 28日の結果は以下の通り。

第1試合:守屋宏紀 5−3 斉藤貴史
第2試合:中川直樹 5−5 綿貫陽介
第3試合:伊藤竜馬 6−5 綿貫陽介
第4試合:添田豪  4−4 内山靖崇
第5試合:西岡良仁 4−7 ダニエル太郎
第6試合:西岡/国枝 8−4 ダニエル/荒井【ニューミックス】
総合結果:Team Shingo 32−28 Team Taro

「ツアー中断中の選手たちへ刺激を与えたい、ファンの皆さんに楽しんでほしい」というダニエルの想いから始まった今大会の様子は、WOWOWメンバーズオンデマンドとWOWOW公式YouTubeチャンネルで無料ライブ配信され、ネットを通して多くのテニスファンが、世界トップレベルのテニスを久々に楽しんだことだろう。

 大会後には「この大会を一歩目として、今後もテニスの安全なイベントが出てきてくれれば」と語ったダニエル。来週の7月1日〜3日には、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームにて、男女の日本トップ選手が出場する非公式オープン大会『BEATCOVID-19オープン』が開催される。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】西岡、内山、伊藤など、世界で戦う熱き日本人プレーヤーたち!

関連記事(外部サイト)