大坂なおみが「最も理想的なお手本」と八村塁を称賛!NBA再開に「みんなにとって楽しみですね」

大坂なおみが「最も理想的なお手本」と八村塁を称賛 大坂は全米オープンに出場の意向

記事まとめ

  • ワシントン・ウィザーズのYouTube動画でウィザーズファンの大坂なおみにインタビュー
  • 大坂は、八村塁を「最も理想的なお手本」「努力家でバスケ愛に溢れている」と称賛した
  • テニス四大大会の全米オープンは8月31日に開幕予定で、大坂も出場の意向を示している

大坂なおみが「最も理想的なお手本」と八村塁を称賛!NBA再開に「みんなにとって楽しみですね」

大坂なおみが「最も理想的なお手本」と八村塁を称賛!NBA再開に「みんなにとって楽しみですね」

現在世界ランク10位の大坂がNBAの再開、同い年の八村について話した。(C)Getty Images

女子テニスでグランドスラム2度の優勝を誇る大坂なおみが28日、ワシントン・ウィザーズの公式YouTubeに登場。30日のNBAシーズン再開を前に、ウィザーズファンでもある大坂にオンラインインタビューを行なった様子が公開された。

 昨年12月には、ロサンゼルスで行なわれたクリッパーズ対ウィザーズ戦を観戦に訪れ、八村塁とも対面した大坂。同インタビューでは「NBAシーズンの再開が楽しみです。でも、何よりもみんなが安全であること、最善の注意を払ってほしいです。あまりライブスポーツが行なわれていないので、みんなにとって楽しみですね」と笑顔で話している。

 さらに同い年の八村については「最も理想的なお手本だと思います」と称賛。続けて「子どもたちは彼に憧れていますし、私が日本にいたときもいつもテレビのニュースで見かけました。努力家ですし、バスケ愛に溢れている。こういう困難なときにはそういうお手本になる存在がより大事だと思います」と評した。
  また、NBAと同じく新型コロナ禍の影響でシーズン中断を余儀なくされたテニス界だが、大坂は当時の状況を「コロナの影響で私もしばらくの間、生活のアジャストが必要でした。外に出てテニスさえもできませんでした」と振り返り、「今まで当たり前だったことにより感謝しています。単純にテニスコートが再開しているだけでも嬉しいです」と現在の心境を明かしている。

 女子テニスのWTAツアーは8月3日開幕の「パレルモ・オープン」よりツアー再開予定。8月31日からは四大大会のひとつである全米オープンが開幕を予定しており、大坂も出場の意向を示している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大坂なおみ、成長を遂げた19年シーズンを写真で振り返る!

関連記事(外部サイト)