大坂なおみ全米オープン出場の意向か。前哨戦にもワイルドカードで出場決定

大坂なおみ全米オープン出場の意向か。前哨戦にもワイルドカードで出場決定

アメリカのハードコート大会に出場する意向を示した大坂。(C)GettyImages

女子テニス世界ランク10位の大坂なおみが、全米オープン前哨戦の「ウェスタン&サザン・オープン」にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場することが明らかとなった。

 29日(現地時間)に公開された同大会のエントリーリストには、大坂の名前が記載されておらず、大会には出場しないのかに思われていた。しかし、30日に大会公式ホームページにて、大坂をはじめ、キム・クリステルス、スローン・スティーブンス、ビーナス・ウィリアムズ、ケイティー・マクナリーらへワイルドカードが与えられることが発表された。

 大坂の公式戦出場は、2月初旬のフェドカップ予選のスペイン戦以来となる。
  さらに、全米オープンへの出場もほぼ確実のようだ。
 当初は複数の海外メディアが、彼女が全米オープンへエントリーしておらず、新型コロナウイルスによる、様々な規制の下で開催される大会への出場を避ける意向だと報じていた。

 しかし、イギリスのロイター通信が、大坂のマネジメントチームから受けたEメールによると、これらの報道が全て「見当違いだ」と記されていたという。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】大坂なおみ、成長を遂げた19年シーズンを写真で振り返る!

関連記事(外部サイト)