テニス選手の才色兼備な美人妻たち――MBA取得、国立大で2つの修士、会計士を目指した経歴…

テニス選手の才色兼備な美人妻たち――MBA取得、国立大で2つの修士、会計士を目指した経歴…

ジョコビッチの妻エレナ(左)さん、チリッチの妻クリスティーナさん(右)ともに高学歴の持ち主。(C)Getty Images

テニスの試合では、コート上での戦いだけでなく、彼らに声援を送る家族の様子にも注目が集まる。選手を支える人の中には、容姿が美しいだけでなく、キャリアも才色兼備な妻たちがいる。

「勝っても負けても、彼女がいつもそこにいてくれる。家族がずっとそばにいるんだ。それが強さの秘訣だ」。世界1位のノバク・ジョコビッチをそう唸らせるほど、妻のエレナ・リスティッチさんの存在は大きい。「出会ってから彼女の広大な知識と人道主義者として人々に触れ合う姿に、常に影響を受けている」と語る。

 エレナさんはヨーロッパ圏トップレベルのビジネススクールと言われるイタリアのルイージ・ボッコーニ大学を卒業後、名門大学モナコ国際大学に入学。大学院では経営学修士であるMBAを取得し、人事コーディネーターとして石油会社「タㇺオイル」でキャリアをスタートさせる。その後、豊富な知識を生かし、自分の会社である「エレナ・リスティッチ・コンサルティング」を設立し、デジタルマーケティング、ブランディング、コミュニケーション分野のコンサルタントとして活躍。オリジナルの雑誌を創刊したり、有名雑誌のコラムも執筆するなどマルチに自身の才能を披露している。

 その他にも美貌とスタイルの良さで、高級ランジェリー・水着ブランドの「Figleaves」のサマーコレクションの水着モデルにも起用され、まさに才色兼備といえる。

 また、夫が立ち上げた、世界中の恵まれない子どもたちを支援するチャリティー団体「ノバク・ジョコビッチ財団」の初期CEOを務め、現在も役員として団体を支える。財団はセルビアの教育システムを改善するのに貢献し、セルビアの多くの子どもたちの生活をより良いものにしたとして2014年に支援活動を表彰された。母国のセルビア語、英語、イタリア語を含む7つの言語を使い回し、ジョコビッチを陰日向に支えている。
  2014年、錦織圭を破り全米オープンで優勝したマリン・チリッチ。当時の優勝スピーチではファミリーボックスで喜ぶ長年のガールフレンド、クリスティーナ・ミルコビッチさんをファンに紹介した。

 バーゼルで最初のATP 500レベルのタイトルを獲得した後には、「彼女は幸運のお守り」と称されるほど彼の躍進を支えた。チリッチとは約9年間の交際を経て2018年に結婚。彼のキャリアハイとなる世界3位の記録を打ち立てた直後のハッピーライフイベントだった。

 クリスティーナさんは、母国クロアチアの国立ザグレブ大学で政治学と心理学の2つの修士号を修得している。夫であるチリッチが「妻が僕の24時間対応の心理学者」と頼るほど彼女の心理学スキルを信用し、安心感を得ているという。

 母国語のクロアチア語のみならず、英語、イタリア語、スペイン語を流暢に操る才女であり、クロアチア最大の銀行「ザグレバッカ・バンカ」に就職しビジネスウーマンとして活躍していたキャリアがある。

 クリスティーナさんは控えめな女性で、インスタグラムは非公開としSNSなどでの情報発信は少ない。彼女は通常もインタビューなどは受けず、献身的に彼の身の回りを世話しているという。今年に入り待望の第一子が誕生し、父としてもチリッチがさらに輝きを増す中、彼女のサポートにも注目が集まることだろう。
  南アフリカのスター選手であるケビン・アンダーソンの妻、ケルシー・オニールさん。2人は米国イリノイ大学時代に出会い3年の交際を経て2011年にゴールイン。ケルシーさんはアメリカ・イリノイ州出身で大学時代はゴルフに打ち込むアスリートだった。

 それと同時に会計士を目指し勉学に励んでいたが、ケビンのツアー生活を支えるために自身のキャリアを中断し、チームの広報や経理を行なうようになった。ケルシーさんはフルタイムで彼の生活を支え、ゲームに集中できるように飛行機やホテルの予約などを管理し、夫と一緒に世界中を旅している。2016年のウインブルドンにてジョン・イズナーとの6時間半の歴史的な戦いを制したときも、ファミリーボックスからエールを送り続け、2018年には遅咲きのスターとして32歳でトップ5入りした夫を支えた。
  ケルシーさんは動物愛護としての活動も有名で、その一つである「ケビン・アンダーソン・グランドスラム・コーズ・フォー・ザ・ポー」というチャリティーイベントを、拠点としている米国フロリダで開催し、ブライアン兄弟やユーズ二ー・ブシャールもこのチャリティーをサポートした。集まった資金は、ホームレスペットをサポートする「デジーズ・セカンド・チャンス」や「オーシャン・コンサーバンシー」(環境擁護団体)に全額寄付され、動物保護と地球環境保全へも情熱を注いでいる。夫婦がいつもツアーに同行させているレディ・ケイディーという愛犬も、デジーズ・セカンド・チャンスから譲り受けた犬である。

 このように、才色兼備の妻たちは、日々自身の人生を謳歌しながら、戦うスター選手の舞台裏を支える。テニス大会への帯同人数はまだ制限されている状況ではあるが、ファミリーボックスで声援を送る姿がまた見られることだろう。

【PHOTO】テニス選手を支える美人妻&ラブラブカップル

文●久見香奈恵
WTA125大会ダブルス優勝、全日本選手権女子ダブルス優勝、混合ダブルス準優勝といった戦績を挙げた元プロテニスプレーヤー。2017年に現役引退後はテニス普及活動や、イベント出演、WEB執筆等を行なっている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?