「勝つことがまず自信になる」復帰2戦目の錦織圭、383日ぶり勝利にひと安心「素直に嬉しい」

錦織圭が383日ぶり白星 復帰第2戦目でアルベルト・ラモス‐ビノラスにストレート勝ち

記事まとめ

  • 錦織圭が復帰第2戦目のイタリア国際で、アルベルト・ラモス‐ビノラスと対戦した
  • 世界ランク35位の錦織は、同44位のアルベルト・ラモス‐ビノラスにストレート勝ちした
  • 錦織の白星は383日ぶりで、久々の勝利について「素直に嬉しい」と喜びを語った

「勝つことがまず自信になる」復帰2戦目の錦織圭、383日ぶり勝利にひと安心「素直に嬉しい」

「勝つことがまず自信になる」復帰2戦目の錦織圭、383日ぶり勝利にひと安心「素直に嬉しい」

完全復活とはいかないまでも、見事勝ち星を上げた錦織。(C)GettyImages

男子テニス世界ランク35位の錦織圭が14日(現地時間)、復帰第2戦目となる『イタリア国際』(イタリア/ローマ)の1回戦に登場。同44位のアルベルト・ラモス‐ビノラス(スペイン)に、6−4、7−6(3)のストレートで勝利を収めた。

 昨年8月の全米オープン後、右ヒジのケガや新型コロナウイルスの影響により、約1年間公式戦から離れていた錦織。前週の『ジェネラリー・オープン』(オーストリア/キッツビュール)で復帰を果たすも、ブランクのせいもあり初戦で姿を消していた。
  今回の試合ではクレー巧者を相手に、強烈なストロークから、ドロップショットやスライス、ボレーなどを織り交ぜてアグレッシブなプレーを見せた。再三のチャンスを逃し、決め手に欠けるシーンも目立ったが、ストレート勝利で383日ぶりの白星を上げた。
??????
 試合後のインタビューでは「まだまだ納得のいくテニスはできていない」と明かした錦織。それでも、久々の勝利について「素直に嬉しい」「勝つということがまずひとつ自信になる」と喜びを語った。

 錦織は次戦で、元世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス)と、イタリアの若手ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)の勝者と対戦する。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織圭の全米オープン2019での奮闘を振り返る!厳選フォトギャラリー

関連記事(外部サイト)