「スポーツマンシップに欠ける」「彼女に責任はない」 驚きの“2バウンド誤審”がテニス界で物議!

「スポーツマンシップに欠ける」「彼女に責任はない」 驚きの“2バウンド誤審”がテニス界で物議!

まさかの誤審に天を見上げるムラデノビッチ。(C)Getty Images

テニス四大大会の全仏オープン(フランス/パリ)は、現地29日に女子シングルス1回戦が行なわれ、世界ランク66位のラウラ・ジーケモンド(ドイツ)が同44位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)を7−5、6−3のストレートで下した。

 ジーケモンドは第1セットで1−5と大きくリードを許し、一時セットポイントまで握られる苦しい展開から、見事なカムバックを果たした。そんな中で、試合中のある“誤審”が勝敗を大きく分けたのではないかとテニスファンの間で物議を醸している。

 問題のシーンは第1セット、ムラデノビッチが5−2とリードし、リターンゲームでセットポイントを迎えた場面だ。ムラデノビッチがベースライン付近からバックハンドでドロップショットを放ち、ジーケモンドが全力で前に走りながら返球する。

 短くなったボールを、ムラデノビッチが前に出て処理をするが、勢い余ってネットに触れてしまいジーケモンドのポイントとなった。これにムラデノビッチは猛抗議。自身が放ったドロップショットが、ジーケモンドが触れる前に2バウンドしていたと主張し、ビデオ判定を申し入れたのだが、主審に聞き入れられることはなかった。

 この判定に対してショックを隠し切れずにいたムラデノビッチは、驚きの表情とともに口を手で覆う。その後は大きくリズムを崩し、ジーケモンドに大逆転勝利を許してしまった。
  海外テニスメディア『TENNIS.COM』は、公式ツイッターで問題のシーンを公開しているが、これを確認するとジーケモンドが返球する前に、ボールは明らかに2バウンドしており、ムラデノビッチの主張通り“誤審”だったのだ。

 全仏オープンの大会公式ツイッターは、「ジーケモンドが第1セット1−5からムラデノビッチを7−5、6−3で下した」と、試合を大々的に取り上げたが、そこには「残念な試合だった」「なぜチャレンジを認めないんだ!」などと、批判的なコメントが続々と寄せられた。

 また、中には「スポーツマンシップに欠ける」と、2バウンドを認めなかったジーケモンドに対する厳しい声もあった。大逆転勝利にも関わらず、テニスファンにとっては何とも後味の悪い終わり方になってしまったようだ。

 ムラデノビッチは試合後にインタビューに答え、「チェアアンパイアがすべてのボールの行方を外から見ている唯一の人間なのだから、あのポイント(2バウンド)はもっと大事に判定してほしかった」と語り、「間違いなくあの場面が(試合の)ターニングポイントになったわ」と不満げだった。一方で「もし彼女(ジーケモンド)が(2バウンドを)認めてくれていたらよかったとは思うけど、彼女に責任はない」と相手を気遣うコメントも残している。

 1ポイントの行方がいかに勝敗を左右するのか、それを大きく象徴する試合として、この出来事はしばらくの間テニスファンの記憶に刻まれるだろう。

文●中村光佑

【PHOTO】全仏オープンが開幕!出場する日本人選手を厳選ショットで特集!

関連記事(外部サイト)