伝統の早慶戦を無観客で開催。女子は慶應が快勝、男子は早稲田が23年間負けなしの45連勝!【国内テニス】

伝統の早慶戦を無観客で開催。女子は慶應が快勝、男子は早稲田が23年間負けなしの45連勝!【国内テニス】

45連勝を決めた早稲田の男子チーム。写真右は単複で勝利した田中優之介。写真:スマッシュ編集部

今シーズンの大学テニスは、各地域のリーグ戦、全日本大学対抗王座決定試合と、大人数での応援を伴う団体戦が軒並み中止となった。そんな中「男子第190回・女子第104回 早慶対抗庭球試合」(早慶戦)が、慶應義塾大学・蝮谷コート(横浜市)で10月11日、12日に開催された。

 早慶戦は毎年、春秋の2回行なわれるが、今年は新型コロナウイルスの影響により春は中止。関東リーグを兼ねた秋の対戦も、リーグ自体が中止となって開催が危ぶまれていたが、無観客という条件で開催にこぎつけた。

 入場できるスタッフに人数制限を設け、部員の家族であっても観戦は禁止。両校部員の行動エリア(トイレやシャワーなど)を区別することで互いの接触を減らし、応援はマスク着用で拍手のみ……等々、感染防止策を厳しく設定した。その一方で、前の週にはノンレギュラーの部員による交流試合を初めて開催し、試合機会の激減したメンバーたちに広く活躍の場を用意したのは、非常に有意義なことだった。
  そうして迎えた正規の早慶戦。まず11日に行なわれた女子(ダブルス2試合・シングルス5試合制)は、慶應が5勝2敗で快勝した。ユニバーシアード女王の大黒柱、佐藤南帆が単複で勝利するなどチームを引っ張り、上位から下位まで選手層の厚さを見せつけた。

 早稲田はダブルスで石川琴実/神鳥舞が昨年のインカレ準優勝ペア、望月菜々子/大村千乃を破って気を吐いたが、エース清水映里をケガで欠いたことも響き、じりじりと離された。これで慶應は去年の春から早慶戦3連勝を飾り、通算成績を43勝61敗とした。

 12日は男子(D3試合・S6試合制)を実施。男子は前回まで早稲田が44連勝しているが、近年は慶應が力を付けて接戦が増えており、早稲田の主力がごっそり卒業した今年は慶應有利の声も多かった。

 しかし蓋を開けてみれば今回も早稲田は強かった。ダブルスを2勝1敗で折り返すと、シングルスではS6の丹下将太がまず勝利。続いてS2の白石光が羽澤慎治を緩急織り交ぜた揺さぶりで崩し、ストレート勝ちで早くも王手をかけると、S4の主将・木元風哉が快勝であっさりチームの勝利を決めてしまった。
  早稲田は攻撃の手を緩めず、S3田中優之介は慶應期待のルーキー藤原智也を寄せ付けず、6-3、6-0で勝利。さらに押され気味だったS5高畑里玖も、粘りのテニスで白藤成に逆転勝ちし、結局シングルス5連勝で一気に走り抜けた。

 慶應は主将でインカレ王者の今村昌倫がエース対決で意地の勝利を挙げ、一矢を報いたが、今年も早稲田の壁は厚かった。早稲田は1998年春から負けなしの45連勝を記録し、通算成績を107勝83敗としている。

 以下は男女の対戦結果。
 ■女子結果
慶應義塾大学[5−2]早稲田大学
D1:○佐藤/永田[5-7 6-2 7-5]下地奈緒/吉岡×
D2:×望月菜々子/大村千乃[3-6 2-6]石川/神鳥○
S1:○佐藤南帆[6-3 6-1]吉岡希紗×
S2:○平田歩[6-2 7-5]倉持美穂×
S3:○永田杏里[4-6 6-1 6-4]神鳥舞×
S4:×末野聡子[2-6 3-6]安藤優希○
S5:○今田穂[6-4 6-2]石川琴実×

■男子結果
慶應義塾大学[2−7]早稲田大学
D1:○川島颯/羽澤[7-5 6-2]白石/丹下×
D2:×今村/白藤[7-6(3) 6(4)-7 1-6]木元/田中○
D3:×田中隆輔/佐々木健吾[3-6 4-6]千頭/池田朋弥○
S1:○今村昌倫[6-0 6-4]千頭昇平×
S2:×羽澤慎治[2-6 4-6]白石光○
S3:×藤原智也[3-6 0-6]田中優之介○
S4:×伊藤竹秋[2-6 3-6]木元風哉○
S5:×白藤成[6-2 2-6 5-7]高畑里玖○
S6:×林航平[3-6 2-6]丹下将太○

取材・文●渡辺隆康(スマッシュ編集部)

【PHOTO】2020年・早慶対抗庭球試合スナップ集
 

関連記事(外部サイト)