元世界1位のマリー、アンダーサービス批判に「かなり効果的な戦術」と反発。効果とリスクについても言及

元世界1位のマリー、アンダーサービス批判に「かなり効果的な戦術」と反発。効果とリスクについても言及

アンダーサービスに肯定的な考えを示すマリーだが、自身ではプロ転向後に打った記憶がないという。(C)Getty Images

テニス界で、古くから議論の的となってきたアンダーサービス。紳士のスポーツであるテニスにおいて、相手を欺くかのようなアンダーサービスは、卑怯で相手へのリスペクトを欠くショットだとされてきた。

 そのアンダーサービスが近年ますます注目を浴びている。ニック・キリオス(オーストラリア)やアレクサンダー・バブリク(カザフスタン)など、トリッキーなプレーを得意とするトップ選手たちが多用し始めたためだ。

 先日の『Nitto ATPファイナルズ』(11月15日〜22日/イギリス・ロンドン/屋内ハード)でも、その後優勝を果たしたダニール・メドベージェフ(ロシア)が、予選ラウンドのアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)戦でアンダーサービスを放った。しかも30−30という一歩間違えればピンチを迎えてしまう場面でだ。意表を突くことに成功したメドベージェフはこのポイントを奪い、試合にも勝利している。
  この時のアンダーサービスも、やはり多くのテニスファンの注目を集めたわけが、元世界1位のアンディ・マリー(イギリス)も、ガエル・モンフィス(フランス)とのTwitch配信の中でこのショットについて言及。アンダーサービス肯定派のマリーは「誰かがこれ(アンダーサービス)をするたびに、コメンテーターたちが『失礼でなはいか?』と言い始める。それが私には理解できない」と、批判の声に疑問を投げかけた。

 マリーはアンダーサービスについて「ルール違反でもなんでもない」として、特に「相手がベースラインより5〜6メートル後方で構えている時には、かなり戦術的なショットとして使うことができる」と述べた。メドベージェフのショットも、結果的にポイントを優位に進めることができていたため「良いプレーだったと思う」と評価している。

 ただし一方で、「もしこのプレーが失敗した時には、かなり滑稽に見えるだろうね。自分でも馬鹿げた気分になるはずだ」と、それなりにリスクがあることにも言及。それでも「全体としては成功している戦術だと思う。少なくとも半分くらいは(ポイントを)獲っているはずだ」とコメントした。

文●Hustle

【PHOTO】どんなボールも打ち返す、プロの超絶フットワーク集!

関連記事(外部サイト)