一直線に世界へ! 伊達公子のジュニア育成プロジェクト、いよいよ選考選手が国際大会に挑む

一直線に世界へ! 伊達公子のジュニア育成プロジェクト、いよいよ選考選手が国際大会に挑む

参加ジュニアの1人、成田選手にアドバイスする伊達公子。メンバー4人全員の大会参加が決まった。写真:ヨネックス株式会社

「私は、テニス界のために何がしたい? 私には何ができる……?」
 それは伊達公子が、3年前に“セカンドキャリア”を終えた時から、抱き続けた問いだという。

 問いへの答を求めるように、早稲田大学大学院の門を叩きもした。その学び舎で改めて強くした思いが、強化や育成のためには「適切な環境整備と、正しい指導」が必須ということである。そこで卒業論文では、ハードコートの重要性を、科学的な論拠を示しつつ訴えた。

 そして、もう一つの必須要素である「正しい指導」を満たすため、彼女は自ら立ち上がる。

 直接指導するなら、まだ色が付く前の年齢である15歳以下がいい。また、目の届く範囲を考えた時、少数精鋭の理念に至ったのも自然の流れだった。何より伊達には、「私自身、『トップ・オブ・トップ』で育ってきた選手ではない」との自覚……あるいは自負が強くある。だからこそ自分がジュニアを育てるなら、その対象者は、自ら将来性を見極めたいと願った。

 そのような理念を掲げ昨年5月に発信したのが、長年のパートナーであるヨネックス社と提携し生まれた『伊達公子×YONEXプロジェクト』。書類選考と選考会を経て4人の第一期生が決まり、東京で第1回キャンプが行なわれたのが、昨年6月末のことである。
  プロジェクト発足から1年が経ち、コロナ禍でジュニアの国際大会も次々に中止になるなか、伊達プロジェクトは今年、次なる大きな一歩を踏み出した。それは、伊達自身が“ゼネラルプロデューサー”の肩書を背に立ち上げる、ITFジュニア国際大会。来たる12月2日から6日にかけ、愛媛県松山市で開催される。

 伊達がジュニア育成に際し掲げた理念が、「選手が無駄な寄り道をすることなく、目標を持って世界で戦える環境を整える」こと。その順路が愛媛の大会であり、プロジェクトの選手たちには、ワイルドカードを与え早い段階から世界の舞台を踏ませる狙いがある。

 ただプロジェクトメンバーだからといって、誰しも出られるのでは意味がない。4人のうち2人はランキングでの自力出場を決めていたが、最年少の山上夏季と成田百那にWCを与えるか否かは、慎重に判断する必要があった。そこで去る11月21〜22日に、都内で4人の選手総当たりによる、ワイルドカード選考試合を開催した。
  その選考基準について、伊達は「彼女たちが、本来の目標である世界に近づくため、何が必要かを見極めたい」と言った。

「ワイルドカードをあげることが必要ならそうするし、あげないことが、彼女たちがより早く目標に到達する助けになる場合もある」。それは伊達自身がジュニア時代に、恩師である小浦猛志の指導理念として体験したことでもあった。

「小浦さんは、周囲の人は私にワイルドカードを出すと言っても、あえて予選から出させたことがあったと聞きます。それは予選で勝って、自信を与えさせるため。何がその選手にとって最良かは、個々の性格や年齢や立場によっても違う。それらを総合的に考えて決めたいと思います」

 そのような信念を持って、伊達は4人……特にワイルドカード選考対象になる若い2人に、鋭い視線を送っていた。

 その2人の戦う姿は、伊達の目にも「それぞれの立場でパフォーマンスを上げようという意志は感じられた」と映ったという。特に伊達が評価したのが、最年少の山上の成長。ただ、最年長の奥脇莉音に敗れたことに関しては、試合に向かう姿勢に疑問を抱いた。

 今回、その山上に伊達が“選考結果通達”をした際のやりとりにこそ、このプロジェクトの特性が色濃く浮き出ていたと言える。
  伊達は、山上の上達や気持ちの強さを認めたうえで、「奥脇さん相手に、本気で勝ちにいっていたか? どこかで、年齢や体格差を言い訳にしていなかったか?」と問い詰めた。そして山上本人に「あなたは予選と本戦、どちらのワイルドカードが欲しい?」と問う。

「本戦です」
 間髪入れずに、山上が答えた。

「本戦に出れば、1回戦で年齢もパワーも上の選手と戦うかもしれない。今日を境に、言い訳はしない。体格もパワーも言い訳にしない。それができる?」
 重ねる伊達の追及にも、山上は「はい」と応じる。

「ならば、本戦のワイルドカードを出します」
 伊達の表情が、ふっと緩む。「目標は?」の問いに返ってきた「優勝」の山上の言葉には、思わず「早いね!?」と笑い声を上げる。師弟の関係性や意識の共有が垣間見える、微笑ましい一幕だった。

 山上本人は「こんなチャンスは二度とないと思い、全試合勝つつもりで来た」と言う。それだけに奥脇との試合では、伊達の指摘通り「気持ちで引いてしまった」ことを自認し悔いた。

 13歳にして、上に駆け上がるには「一瞬の奇跡」の連続性が必要と感じる山上は、本戦ワイルドカードを得ることに迷いはなく、改めて、出るからには優勝を目指すと言った。

「私には、テニス界のために何ができる……?」
 伊達が自身に質し続けた問いへの、ひとつの答えが、ここにある。

取材・文●内田暁

【PHOTO随時更新】世界の舞台で躍動する日本人トップジュニア特集
 

関連記事(外部サイト)

×