ロボホンと電子黒板を使った授業へ、姫路市内の全公立小学校が導入

ロボホンと電子黒板を使った授業へ、姫路市内の全公立小学校が導入

ロボホンと電子黒板を使った授業へ

 シャープは、兵庫県姫路市教育委員会にコミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」74体と、学校向け65型電子黒板「BIG PAD Campus」1270台を納入する。姫路市内にある公立小学校の全68校、義務教育学校(前期課程)1校、公立高等学校3校、姫路市立総合教育センターの合わせて73施設で、1月から順次運用している。
 姫路市では、ロボットの操作やロボットとの対話を通じて児童が興味を持って主体的に学べる環境をつくり、プログラミング的思考の育成に寄与することを目的に据えている。電子黒板をPCやタブレット端末と連携させることで、先生と児童が双方向にコミュニケーションしながら学習できる環境づくりのサポートも狙いとしている。

関連記事(外部サイト)