SIE、新社長にジム・ライアン氏就任、現社長の小寺剛氏は副社長に

SIE、新社長にジム・ライアン氏就任、現社長の小寺剛氏は副社長に

4月1日付でSIEの社長兼CEOに就任するジム・ライアン氏

 ソニーとソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2月12日、新経営体制を発表した。4月1日付でSIE副社長のジム・ライアン氏がSIEの社長兼CEOに就任する。現在SIEの社長兼CEOを務める小寺剛氏は、副社長としてネットワーク領域における革新的なユーザー体験の創出と強化に専念する。
 ライアン氏は、1994年にSIEの欧州法人だったSony Computer Entertainment Europe(現 SIE Europe)に入社。11年に、欧州、中東を含む100以上の国と地域のプレイステーションビジネスを束ねるSIE Europeのプレジデントに就任。18年に、SIEの副社長に就いた。
 社長兼CEOに就任するにあたって、ライアン氏は「プレイステーションビジネスが大きく成長と変化を遂げる過程を創業期から目の当たりにしてきた経験を活かし、ゲーム&ネットワークサービス事業の基盤を一層強固にするとともに、プレイステーションを支え、愛してくださるユーザーコミュニティの皆さまへ、さらに進化したエンタテインメントをお届けできるよう尽力する」とコメントしている。
 ソニーの吉田憲一郎社長兼CEOは、「ゲーム&ネットワークサービス事業は、売上・利益双方においてソニーグループの中で最大の事業であり、今後の成長ドライバーとしても非常に重要な領域」と位置付けている。今後は、ライアン氏は組織運営をマネージを担い、小寺氏は全世界の月間アクティブユーザー数が9000万を超える巨大なプラットフォームに成長した「プレイステーションネットワーク(PSN)」の強化に努める。

関連記事(外部サイト)