食べログ問題で「スコアに頼らない使い方」が続々と

食べログ問題で「スコアに頼らない使い方」が続々と

「うちもリセットされていた」という店側の声もあり、騒動は終息する気配がない ※この画像はサイトのスクリーンショットです

口コミグルメサイト「食べログ」の評価が、「突然3.0になった」とする店舗側の証言に端を発した「スコア偽装疑惑」問題。サイトの信頼性にかかわる事件として大きな話題となったが、この問題をきっかけにユーザーからは「スコアに頼らない食べログの使い方」がネット上に寄せられている。

ある店舗のオーナーが9月6日、Twitterに「食べログスコアがいきなり3.0にリセット」されたと投稿。また、「担当営業から連絡が来て『食べログのネット予約を使ってもらわないと検索の優先順位を落とします』」と告げられたとした。この投稿は一気に拡散し、「脅迫ではないか」などと物議を醸すこととなった。

これを受けて7日、「食べログ」の運営会社「カカクコム」は、「自然検索で表示される点数及びランキングにおきましては、オンライン予約機能の利用是非に一切関係ない」との見解を示し、営業行為とスコアの関係を真っ向から否定した。またその後、複数の媒体の取材に対し、“サクラやステマ行為等を排除するためアルゴリズムの見直しを日々行っており、新規投稿がなくてもそのタイミングで点数が上下することがある”旨を回答している。

店舗点数への信頼性にかかわる問題だが、ネットでは一連の騒動を受けて「そもそも点数は店選びの指標にはしていない」との声もチラホラ。Twitterでは、

「食べログは点数どうのよりも、投稿された外装・内装写真を見るのによく使ってる」
「食べログはなんか店が存在することが確認できて地図が表示されるサイトくらいの認識しかないのよね」

と、皮肉なことだが、点数以外の利点を求めて利用している、という人は少なくない。なかには、

「僕の大好きなお店の中には食べログスコア3.1とかけっこうあるし、ホント店舗情報がまとまってるサイトっていう使い方が合ってる」
「オススメの食べログの使い方は、評価3.01くらいのお店で、ほとんどレビューがないんだけど、その少ないレビューが高評価を付けているお店を探して突撃すること 案外、穴場の美味い店に当たるんだ、コレが」
「食べログは小さいお店だと総合得点低くても内訳の口コミが高評価なのがざらにあるから穴場探しに使ってる」
「食べログの使い方、基本的に『おいしい店を探す』じゃなくて『ヤバい店を避ける』だよなぁ」

などと、独自の使い方を披露する人も。

口コミサイトの点数はわかりやすいため、便利なのは紛れもない事実。とはいえ、今回ユーザーの声にもあるように、あくまでひとつの判断材料だ。スコアに頼り切っていた人にとっては、“自分の目と舌でお店を確かめる”良い契機になるかも?
(山中一生)


※当記事は2016年09月09日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)