「日本寄らなきゃ」台風が連休直撃? 恐れる声多数

「日本寄らなきゃ」台風が連休直撃? 恐れる声多数

台風10号によって大きな被害が出た岩手、北海道に台風16号が達することを危惧する声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです

台風10号が列島に甚大な被害をもたしたのも束の間、今度は9月13日に台風16号が発生。週末には発達しながら進路を変えて日本に接近し、3連休の天気に影響をおよぼす可能性が出てきた。連休を前に多くの人から悲鳴が上がっている。

日本気象協会によれば、台風16号は「マラカス」という名前が付けられており、フィリピンの言葉で「強い」という意味を表す言葉だという。その名が示す通り「強い勢力」に発達することが見込まれる。

また、台風16号は3連休真っただ中の18日午後3時、九州に接近する恐れがあり、18日以降、週の前半にかけて、西日本をはじめ東日本の天気にも影響が出ることが予測されるという。また、台風の動き次第では、日本列島の広範囲にその影響が及ぶため、日本全国で警戒が必要になるようだ。

相次ぐ台風の上陸にTwitterでは、

「ちょっと前に10号来てなかった?やめて… 台風16号 」
「大切な連休なの!頼むから来ないで!!雨を降らさないで!!!」
「これは最悪のシナリオなのでやめてください。お願いします」
「まるで日本大陸に着陸するかのように、アプローチ入ってきてるなぁ。嫌がらせとしか思えない・・・」

と連休中に予定があるのか、台風接近に恐れおののく人たちからの悲鳴が多く投稿されている。

さらに、

「台風16号のカーブエグくない?あっ、日本寄らなきゃ!みたいになってない?」
「マラカスとか楽しげな名前のくせに、曲げてくるなあ…18日帰れるんだろうか」
「台風16号、見事なカーブ描いてこっちくんなぁ!三連休ぞ?」

と、大きく東に曲がって日本へと向かってくる台風の進路を恨む声も多数あった。

一方で、三連休中に仕事の予定が入っているという人たちからは、

「三連休仕事の私、勝ち組」
「サービス業は忙しさから解放される」
「ええぞ!もっとやれ!(仕事なんで無問題」
「よし!!いいぞ!!そのまま連休をぶっつぶすんだ!!(仕事)」

なんていう投稿も…。

シルバーウィークの始まりとなる3連休。台風に台無しにされたり、大きな被害が出たりしないよう祈るばかりだ。

(山中一生)


※当記事は2016年09月15日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)