「Bリーグ」地上波ゴールデン中継にバスケファン感涙

「Bリーグ」地上波ゴールデン中継にバスケファン感涙

40年間五輪から遠ざかる日本男子バスケット界に光明は差すか ※この画像はサイトのスクリーンショットです

バスケットボール男子の新リーグ「Bリーグ」が9月22日に開幕した。記念すべき開幕戦は地上波でも生中継されたが、世間は新リーグをどう見たのか?

今回スタートしたBリーグは、「NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)」と「bjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)」の2つのリーグを統合したものだ。もともと日本男子バスケットボール界には、NBLの前身の「日本リーグ機構」が存在したが、2005年に一部のチームが離脱してbjリーグを発足したことで、分裂状態に。2014年には国際バスケット連盟が、2リーグが並存する状況を問題視し、国際資格の停止処分が下されたが、Bリーグが設立されることにより処分は解除された。

長年の懸案が解消し、新たな船出を迎えたBリーグ。その記念すべき開幕戦は、フジテレビでゴールデンタイムに生放送され、多くの人がこれを楽しんだようだ。ツイッターには、

「Bリーグやってるううう。ゴールデンタイムにバスケやってるとか夢かよ」
「国内チームの試合が代々木第一で行われ、かつゴールデンタイムに地上波キー局で中継される…! バスケファンにはたまらない!涙涙」
「地上波でプロバスケ・Bリーグ開幕戦! こんな日が来るとは!」
「バスケをゴールデンタイムで観られるなんて感激。やっと幅広く認められた感じ」

など、バスケットボールファンからの感慨の声があがったほか、

「Bリーグ、初めて見たけど相当おもしろい ハマりそう」
「Bリーグこれからもゴールデンとまでは言わないけど、テレビ中継してくれたら嬉しいね 初めて見たけど凄く面白い」
「めちゃいい試合だった!初めてbリーグ?てか日本のバスケリーグの試合見たけど思ったより盛り上がるね!興味持った」
「Bリーグが思ったよりも面白い NBA派やったけど、地上波で放送されるなら見たいな」

といったコメントも多数寄せられており、開幕戦中継はファン獲得に成功したようだ。世界的に見れば、日本男子は世界ランキング48位で、世界との差はまだまだ大きい。しかし、学校の部活動や体育の授業などでなじみのある競技だけに、一気に人気に火がつく可能性は十分にありそうだ。
(金子則男)


※当記事は2016年09月25日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)