「未亡人が高校球児を餌づけする漫画」絶妙設定で人気

「未亡人が高校球児を餌づけする漫画」絶妙設定で人気

未亡人が高校球児に“餌づけ”する漫画『八雲さんは餌づけがしたい。』

9月24日に単行本第1巻が発売された漫画家・里見Uによる『八雲さんは餌づけがしたい。』の設定が絶妙すぎるとネット上で話題となっている。

『八雲さんは餌づけがしたい。』は、漫画誌『ヤングガンガン』で連載中の作品。28歳の未亡人・八雲柊子(やくもしゅうこ)が、隣に住む野球部所属の男子高校生・大和翔平に“餌づけ”と称して、手料理を振る舞うという内容だ。どんなに大量のご飯を出しても、豪快に食べきってしまう食欲旺盛な大和くんと、そんな彼の食欲に対抗心を燃やしつつも、ぺろりと食べてくれることに喜びを感じる八雲さんとの、心温まる日常を描いている。

“未亡人が高校生に餌づけをする”というこの漫画。ツイッターでは、

「なにその『28歳未亡人』とかいう、この世のエロさを全てそこに凝縮しました的なパワーワード」
「未亡人、高校生に餌付け ←このコピー見てステキ…ってなった」

と、いろいろと妄想が膨らみそうな、絶妙な設定につい反応してしまうネットユーザーが多い。そして、実際に読んでみたネットユーザーの声を見てみると、

「八雲さんは餌づけがしたい、アラサーの未亡人が男子高校生(野球部)に手作りのご飯を食べさせる話、なんかなごんでいい感じ」
「八雲さんは餌づけがしたい。 めっちゃ良かったです…可愛い…未亡人と高校生球児…たまらなかったです…尊い…こういうの大好きでたまらないのでありがたい…ありがたい……次巻も絶対買うーー」

と、かなり好評で、ハートウォーミングな雰囲気が受けているようだ。また、

「28歳未亡人が隣の高校生に晩御飯を振舞う漫画、『八雲さんは餌づけがしたい』を2話無料で読んだら購入が確定してしまった。 腹減るしこういうお隣さん欲しかったしでもう寝れないよ」
※ニコニコ静画では9月21日から30日まで2話無料で試し読みが可能になっている

と、八雲さんのようなお隣さんがほしかったという意見もあれば、

「八雲さんの気持ちわかる。独りだと料理好きでもやる気なくなるよね。あと人にモリモリ食べてもらう喜びってある。食べ盛りの男子高校生の食事作りとか大変そうだけどちょっとうらやましい。うちもたまについ作りすぎるわあ」

と、モリモリ食べてくれる隣人の存在が羨ましいとの声もあり、“作る側”と“食べる側”の両方から共感を得ているようだ。

11月25日には単行本第2巻の発売も決定している『八雲さんは餌づけがしたい。』。さらなる人気を獲得しそうだ。
(奈波くるみ)

※当記事は2016年09月29日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)