過去の放送が聴ける「radiko新機能」に絶賛の嵐

インターネットでラジオ放送を聴ける『radiko.jp』 タイムフリー機能をユーザー絶賛

記事まとめ

  • 『radiko.jp』(ラジコ)が過去1週間分の放送を後から聴取できる新機能を開始する
  • 番組を選んで再生した時点から3時間以内なら、早送りや巻き戻し、一時停止など可能
  • ツイッターでは「radikoのタイムフリーはじまるのほんと嬉しい」と絶賛されている

過去の放送が聴ける「radiko新機能」に絶賛の嵐

過去の放送が聴ける「radiko新機能」に絶賛の嵐

ラジコの「タイムフリー機能」が始まる10月11日から17日まで、宇多田ヒカルによる「シェアラジオ」推奨特番も放送される※この画像はサイトのスクリーンショットです

インターネットを介してラジオ放送を聴くことができるサービス「radiko.jp」(以下、ラジコ)。同サービスが、過去1週間分の放送を後から聴取できる新機能「タイムフリー機能」の実証実験を10月11日から開始すると発表し、ネットユーザーから絶賛を浴びている。

「タイムフリー機能」は、過去1週間分の番組を放送終了後に無料で聴取できるサービス。観たい番組を選んで再生した時点から3時間以内であれば、早送りや巻き戻し、一時停止なども可能となっている。テレビ各局はネット上での「見逃し配信」を行っているが、それに近いイメージといえそうだ。

テレビ番組を録画して観ることは一般的になっているものの、ラジオの予約録音を日常的にする人は少なく、オンエアーを逃したら、その番組を聴くことができなくなるケースも多いはず。そんななか登場したラジコの同機能に、ツイッターでは、

「私の中で神アプリに昇格予定w ありがとぅ〜」
「radikoのタイムフリーはじまるのほんと嬉しい」
「やば!!めちゃありがたい!! これで聞き逃し無くせそう」

などと、大絶賛されている。

また、ラジコでは、この「タイムフリー機能」の開始にあわせて、SNSでラジオ番組を共有する「シェアラジオ」を提唱している。「タイムフリー機能」で番組を聴取している際に、「この部分を共有したい!」と思ったところでシェアボタンを押すと、その番組をラジコで聴くためのURLがSNSに投稿。URLにアクセスすれば、ラジコが立ち上がり、投稿者が面白いと思った部分から再生されるのだ。いわば、番組の面白い部分をピンポイントに共有するのが「シェアラジオ」なのだ。

ラジオの新たな楽しみ方が生まれそうな「タイムフリー機能」と「シェアラジオ」。ただし、ツイッターでは、

「でもシェアラジオとかいっても住んでる地域的に、流れてきても聞けねぇってなるな プレミアムはいってりゃいいんだろうけど」
「ラジコの“シェアラジオ”って、聴取地域はどうなるのだろうか? 地域外の“シェアラジオ”を聴けるのだろうか?」

などといった心配の声もあがっていた。

現在、ラジコではネットにアクセスしている地域の放送局のみ、無料での聴取が可能で、地域に関係なく全国の放送局の番組を聴くには月額350円のプレミアム会員になる必要がある。「シェアラジオ」における無料聴取エリアの制限については、特に説明されていないが、SNSなどで番組が共有されても、該当番組が指定エリア外であれば無料で聴取できない可能性が高いというわけなのだ。

サービスが始まっていないため、まだ不明確な部分が多い、今回の機能追加。とはいえ、「タイムフリー機能」の登場でラジオライフが大きく変化することは間違いなさそうだ。
(小浦大生)

※当記事は2016年09月29日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)