面白いのはこれから? 『べっぴんさん』展開早いと話題

面白いのはこれから? 『べっぴんさん』展開早いと話題

展開が早いと話題の朝ドラ『べっぴんさん』。第3週には『マッサン』のヒロインを演じたシャーロット・ケイト・フォックスが出演する ※この画像はサイトのスクリーンショットです

NHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』がスタートして2週間が経過した。前作の『とと姉ちゃん』が、初週から最終週まで26週連続で平均視聴率20%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という大人気だったこともあり、『べっぴんさん』のネット上での反応が気になるところだ。

昭和の神戸・大阪を舞台に、主人公・坂東すみれ(芳根京子)が戦後で家が焼け財産を没収されながらも子供服作りにまい進する物語。すみれの父・五十八を生瀬勝久、母・はなを菅野美穂、姉・ゆりを蓮佛美沙子、幼馴染の潔を高良健吾が演じる。そのほかにも、永山絢斗、市村正親、中村玉緒、ネプチューンの名倉潤、ももいろクローバーZの百田夏菜子らが出演。主題歌はMr.Childrenが書き下ろした「ヒカリノアトリエ」だ。

10月3日放送の『べっぴんさん』第1週の平均視聴率は20.0%、第2週は19.8%だった。『とと姉ちゃん』の第1週の平均視聴率が21.7%だったことを考えると、たしかに少々物足りないともいえる数字だが、ネットでの反応はどうなのだろうか。ツイッターでは、

「芳根京子ちゃん目当てでべっぴんさん見てるけど結構おもしろい」
「べっぴんさん、良いドラマになりそう。最初だけ力入れてるってことはないよね?ヒロインが地味なのもいい」
「朝ドラまじめにみたことなかったのと、主題歌がミスチルだからって理由でみてるけど、普通に面白い!」

などと、好感触の意見もあれば、

「べっぴんさん1週目見終わったー。結構泣いた、、泣いてしまった、、けど、、今のところ面白くない いや、泣いたけどwww」
「たまってるべっぴんさん。面白いんやけどいまいち人気ないらしいな。どうしても戦時中の話は暗くなりがちやからなあ」
「べっぴんさん、面白くなるのずっと待ってるんだけど、一向にその気配がなくて挫折しそう」

と、まだその面白さをつかみきれていないというネットユーザーもいた。

そして、もう一つ多かったのが展開の早さを指摘する意見だ。

「べっぴんさんを1週間分まとめてみました。芳根さんが登場してからの展開が早すぎてちょっとと思ったけど朝ドラではよくあることなのかなー?」
「いまさらながらべっぴんさん展開速い… 女学生→ お姉ちゃん結婚→ 自分結婚→ 出産→ 会社吸収合併→ 終戦 一週間のイベントおおすぎ」

と、第1週と第2週の話の展開が目まぐるしかったとの感想も多かった。

これからいよいよ物語の軸となる「子供服作り」が始まる『べっぴんさん』。いわば“前段階”だった第2週までとは展開の早さも変わってきそう。本当に面白くなるのは、これからかもしれない。

(小浦大生)


※当記事は2016年10月18日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)