Twitterが嫌がらせ対策でミュート機能と報告システムを変更も「物足りない」の声多数

記事まとめ

  • Twitterが11月15日、嫌がらせへの対策としてミュート機能と報告システムの変更を発表
  • 見たくない特定の単語が含まれる自分宛のツイートを通知されないようにできる
  • このミュートが適用されるのは「通知」のみで、ユーザーからは機能拡張を望む声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております