兵庫県立大学の教授らが偽サイトを自動で検知する仕組みを開発 98%の確率で判別

記事まとめ

  • 兵庫県立大学の申吉浩教授らが、兵庫県警と楽天の協力のもと偽サイト検出の技術を開発
  • コンピュータ言語のパターンに着目し、98%の確率で偽サイトを判別できるという
  • 「偽HPが検索上位にくるグーグルのアルゴリズムもなんとかして欲しい」という意見も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております