教科書から「鎖国」消滅で「ペリーの立場は?」の声

学習指導要領の改訂で歴史の教科書から「鎖国」消滅 ペリーの立場を心配する声

記事まとめ

  • 学習指導要領の改訂で教科書の「鎖国」という表記をやめ「幕府の海外政策」に改める
  • 「聖徳太子」も没後に登場した呼称であるという見方が強く「厩戸王」が併記される
  • ツイッターでは驚きを隠せない様子の人や、「ペリーの立場は?」などの声が寄せられた

教科書から「鎖国」消滅で「ペリーの立場は?」の声

教科書から「鎖国」消滅で「ペリーの立場は?」の声

マジメに覚えたことが変わるなんて……

現在受験シーズンまっただ中。受験で覚えた知識は一生役に立つものかと思いきや、学習指導要領の改訂により、教科書から「鎖国」という表記が消えることが判明し、ネットには動揺が広がっている。

文部科学省は2月14日、次期学習指導要領の改訂案を発表。これまで歴史の教科書で使われてきた「鎖国」という表記をやめ、「幕府の海外政策」に改めることを明らかにした。読売新聞によると、「鎖国」という言葉は、オランダ語の訳語として広まったものだが、実際には長崎や対馬(長崎県)などで貿易が行われていたため、実態に即して表記。また、「聖徳太子」も没後に登場した呼称であるという見方が強く、「厩戸王(うまやどのおう)」が併記されるようになる。

研究が進んだことにより、教科書の内容が改められるケースは少なくない。代表的なところでは、「いい国(1192年)作ろう鎌倉幕府」が「いい箱(1185年)作ろう鎌倉幕府」に改められたほか、「仁徳天皇陵」は「大仙古墳」に呼び名を変更、日本最初の貨幣は「和同開珎」から「富本銭」に、「大化の改新」は645年→646年に変わっている。

ツイッターを覗いてみると、

「まあ『鎖国』という言葉はもはや現在の近世研究の水準に合いませんね。『統制貿易』が当時の実態と一番近いと思う」
「これは正しい。 そもそも鎖国ではなくて、幕府による利益・情報独占のための管理貿易だしね」
「そもそも鎖国っていう言い方自体江戸時代には無かったんだし妥当でしょ」

など、この変更を妥当だと考える歴史通もいるようだが、

「今さら鎖国はなかったと言われても」
「鎖国が通じない世代ができるのか… すごい年の差を感じる…」
「これから小学校出る人には鎖国って言葉が通じなくなるので我々は気をつけないと歳がバレるぞい!」
「鎖国 っていうと年がばれる っていう時代もやってくるのかな」

と、驚きを隠せない様子の人が続出。また、

「鎖国してなかったら、ペリーさん何しに来たんだ?」
「鎖国という概念がなくなったら、かーいこーくしーてくーださーいよー、と言ったペリーさんが浮かばれない・・・」
「『鎖国』が無くなったらペリーが『かたく閉ざしてた日本をこじ開けた人』から『ただわけのわからないわがままを言いに来た人』になっちゃわない?」
「え?鎖国はなかったことになるの?そしたらペリーの立場は?」

など、ペリーの立場を心配する声も次々と寄せられている。なお「鎖国」がなくなれば「開国」もなくなりそうなものだが、こちらに関しては、欧米諸国との関係を表す際に使われていたため、残されるそうだ。
(金子則男)


※当記事は2017年02月16日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)