指原莉乃 STU48支配人を兼任で「頼りすぎやろ」

指原莉乃 STU48支配人を兼任で「頼りすぎやろ」

STU48の劇場支配人を兼任すると発表した指原莉乃 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(指原莉乃公式ツイッターより)

今年の夏に発足予定のAKB48の新しい姉妹グループ「STU48」。その劇場支配人に、HKT48の指原莉乃が就任することが発表された。指原はHKT48の劇場支配人との兼任となるが、ネットでは少々心配の声もあがっている。

STU48は、瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ。専用劇場は“船上劇場”になるという。

今回の人事は、2月22日深夜放送のニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』で発表された。AKB48の岡田奈々がSTU48のキャプテンを兼任し、指原はHKT48の劇場支配人とSTU48の劇場支配人を兼任するとともに、両グループのメンバーとしてステージにも上がる。

2年連続選抜総選挙1位で知名度抜群の指原が支配人になるということで、STU48としても最高のスタートダッシュが切れそうだが、ネットでの反応は必ずしもそうではないようだ。ツイッターでは、

「指原を支配人と兼任させるとかSTUをまじで売れさせる気だね笑」
「なぁちゃんだけでなく、指原先生まで入れてくるなんて、正直企画倒れで終わると思っていたSTUへの取り組みが、意外と本気で驚いている……」

と、その“本気度”の高さを実感したとの声がある一方で、

「指原莉乃に頼りすぎやろ」
「指原さんSTUもってことは きっとHKTはそのうち放置に なりそう」
「只でさえ忙しく、身体を壊さないか心配しているのにSTU兼任まで受けた指原莉乃。 大事な娘をこんな無能者に預けられるか? みたいな親心に近い心情に成るで(-。-)y-~」

など、グループの活動だけでなく、ソロでの活動も多い指原への負担が大きすぎるのではないかとの指摘も多いのだ。

HKT48やSTU48の活動に加えて、最近では声優アイドルオーディションにプロデューサーとしても関わっている指原。ファンとしては、活躍するのは嬉しいのだろうが、忙しすぎるせいですべてが中途半端になってしまうのではないかと心配なようだ。

(小浦大生)


※当記事は2017年02月24日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)