若いうちにしか出来ない?「ラーメン」「白飯」「鶏の唐揚げ」の最強コンボ

若いうちにしか出来ない?「ラーメン」「白飯」「鶏の唐揚げ」の最強コンボ

画像提供:あくおんさん(@akuaion)

 歳をとると出来ることが増える一方で、出来ないことも増えていきます。だからこそ若いうちにしかできない「若いうちに出来ること」を知っておくのはとても大事。

 Twitterユーザーのあくおんさんが6月10日に投稿した、「『若いうちに出来ること』というのは、長時間の労働でも、自分探しの旅でもなく、マヨネーズをつけた唐揚げで白米をかきこんで、それを背脂多めのラーメンで流し込む、といったことなのです」というツイートが共感を呼んでいます。

 この投稿には、1万件を超えるいいねが付き、「若い時にもっとやっておきたかった」「画像を見て、食べたいけど体が耐えられないおじさんがここに居ます」「30過ぎた辺りからできなくなった」などの声が続出。

 あくおんさんに今回のツイートをしようと思ったきっかけを聞いてみました。この日、あくおんさんはラーメン屋に来店すると、この日ラーメン店で鶏の唐揚げ・白飯(大盛無料)のセットが税別250円という安さだったため思わず注文。

 あくおんさん曰く「唐揚げ+マヨネーズ+大盛ライス+背脂多めラーメンのマリアージュに感涙した」とのこと。しかし、一緒に来店した先輩たちは背脂多めのラーメンはおろか、揚げ物すら口にしない人が多かったそう……。

 その経験から「この幸せは若い人にしか分からない」。言い換えると、「この幸せは若いうちにしか体験出来ない」ことに気づいた、あくおんさん。この気持ちを共有しようとツイートしたとのことです。

 昨今のSNSなどで「若いうちに働け」「若いうちに旅に出ろ」「無理が出来るうちに無理をしろ」といった意見を見て、言っていることは間違ってないし、正しい所もある意見としながらも、「もっと身近な所にも『若いうちに出来ること』があると思いました」と語る、あくおんさん。たしかに、そうかもしれませんね。

 現在20代で、自作の家系ラーメンで白飯を2合食べたり、野菜マシマシの二郎系ラーメン(2kg)を食べたりするなど、自ら「破綻した食生活を送っています」と話していた、あくおんさん。現在40代の筆者ですが、まだまだ負けていられないと、無駄に対抗心を燃やしてしまいました。

<記事化協力>
あくおんさん(@akuaion)

※訂正:初出時よりセットの説明に変更を加えました。ラーメン・唐揚げ・白飯(大盛無料)のセットが税込250円ではなく、正しくは「唐揚げ・白飯(大盛無料)のセットが税別250円」でした。お詫びして訂正いたします。

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)