出来るだけ避けたい他とのコーデかぶり……かぶった相手はまさかのエイ

出来るだけ避けたい他とのコーデかぶり……かぶった相手はまさかのエイ

出来るだけ避けたい他人とのコーデ被り 被ったのはまさかの……

 街中で知らない人と服装がかぶってしまうと、気まずさから距離を取ったり、目を背けたくなる気持ちになりますよね。お互いがちょっと恥ずかしくなってしまう、このような経験は誰でも一度は味わったことがあるのではないでしょうか。

 ツイッターユーザーのみつさん(@mimimimimitsu32)も、履いていたスカートの柄が外出先で被ってしまった経験をツイッターに投稿。ただし、かぶってしまったのはどうやら他人とではなかったようです。

 みつさんがかぶった相手は、まさかのエイ。ツイートに添付された写真を見てみると、そこには水槽の中にいるエイの体と同じ柄のスカートを履いたみつさんの姿が。もちろんこの柄は「エイ柄」ではありませんが、黒地に白いドットが散りばめられたスカートは、たしかに見れば見るほど同じ柄……。

 ちなみにこの柄はランダムドット柄と呼ばれる柄で、アパレルチェーンストアのしまむらで購入したものだそう。購入時は、子どもを抱っこしても汚れないし、かわいすぎず大人っぽく着られるかなと思い購入したとのこと。ランダムドット柄自体は比較的メジャーな柄ではありますが、まさかエイと同じ柄だとは、購入時はもちろん知る由もなかったことでしょう。

 みつさんはこの日、お子さんと2人で水族館に来ていたのだそう。水槽を眺めていると、私のスカートと同じ柄のやつがいる!と気付き、思わず写真に収めたとのこと。一連の様子をツイートしたところ、瞬く間に大きな反響が。返信欄には「いやぁ、エイことです」「これはええコーデ」とエイとかけたダジャレが多く寄せられており、付いた「いいね」は24万件を超えています。

 他人と服装が被るのはちょっと恥ずかしくなりますが、みつさんは「スカートにもエイにも愛着がわきました」と意外にも(?)ノリノリの回答。知らない他人と被る、というよりも、自分が着ている服を有名人も着ていたという感覚に近いのかもしれません。エイも突然あらわれた自分と同じ柄の仲間に、さぞビックリしたことでしょう。

<記事化協力>
みつさん(@mimimimimitsu32)

(山口弘剛)

関連記事(外部サイト)