「勝訴だワン」うれしそうに判決を知らせてくれる犬用のおもちゃが話題

「勝訴だワン」うれしそうに判決を知らせてくれる犬用のおもちゃが話題

「勝訴だワン」うれしそうに判決を知らせてくれる犬用のおもちゃが話題

 テレビでよく見る裁判所前でのあのシーンが再現できる、ペット用のおもしろグッズがツイッターで28万件もの「いいね」がつくほど、大きな注目を集めています。

 「うれしそうに判決を取ってきてくれる、犬用のおもちゃを作りました」というつぶやきと共に、「勝訴」の文字を掲げるワンちゃんの写真を投稿したのはプランナー2名で商品企画を専門に行う、企画デザイン2時さん(@niji_2oclock)。

 「ペット用品でなにかアイデアが出ないかなと思ったときに閃いた商品案です。ワンちゃんが遠くからいい笑顔で走ってくる姿と、裁判所の前に判決を持って走ってくる人のイメージが重なり、この商品アイデアが生まれました」

 制作のきっかけについてこう話す企画デザイン2時の楢崎さん。

 社名の通り、時計の2時の方角「ななめ上」の発想を大切にしているという同社は、良い意味で「その発想はなかった」という作品を多く手掛けています。今回の作品はまだ試作段階のため実際には販売していないそうですが、大きな反響を受けて商品化を前向きに検討しているとのこと。

 大きさは大型犬用と中型犬用に、おおよそA5サイズのものともう一回り小さいものの2種類があり、素材には中綿の入ったタオル生地を採用。持ち手の部分にはワンちゃんがくわえやすいようにロープが取り付けられています。また、気になる裏面は今回の物は撮影サンプルのため無地で作ったそうですが、商品化の際は両面に文字が入ったものにしたいと考えているそうです。

 ツイートの返信欄には「敗訴」「不当判決」「逆転勝訴」などのバリエーションを求める声が多数。もしも商品化された際には、いろんなワンちゃんや猫ちゃんが判決の行方を知らせる愛らしい姿が見られそうですね。

<記事化協力>
企画デザイン2時さん(@niji_2oclock)

(山口弘剛)

関連記事(外部サイト)