帽子職人が作ったケーキの帽子が可愛くて美味しそう!

帽子職人が作ったケーキの帽子が可愛くて美味しそう!

画像提供:KENTさん(@KENT_HAT)

 美味しそうなイチゴのケーキとパンケーキが並んでいる……と思ったら、帽子!?

 写真を見た人たちから「めっちゃ可愛い!」と絶賛されているのは、帽子職人のKENTさんが制作したバースデーケーキハットとパンケーキの帽子。こんな美味しそうで可愛らしい帽子が作れるなんて!

 KENTさんは2017年からスイーツをモチーフにした帽子を、2018年からはパンをモチーフにした帽子を制作して販売しています。作品は全て受注生産だといい、手作りのため量産できない一品もの。

 作り始めたきっかけは、帽子職人として活動をしていく中で「既存の帽子と同じようなものを作る必要性や意味があるのだろうか」と考えるようになったからとのこと。

 そもそも「帽子はオリジナル性を出すことが難しいジャンルのファッションアイテム」だといい、一般的にはある程度のフォーマットが決まったものしかないそうです。

 そこで「新しい形の帽子を作りたい!」「帽子に苦手意識のある人、興味のない人が思わずかぶってみたくなる帽子は何だろう?」と考え誕生したのが、ケーキの帽子。

 「自分の好きなモノ(スイーツなど)と帽子を掛け合わせたら楽しそう!」という発想から生み出されました。

 今回のバースデーケーキハットとパンケーキハットは、パンケーキを食べている時にイチゴやバニラアイスのトッピングが「帽子のボンボンのように見えるかも?」と思い、帽子に落とし込んでみたそうです。

 なんだか食べたものを全部、帽子にしてしまいそうですね。「常にアイデアのアンテナを張っているので、完全に職業病だと思います」とKENTさん。

 今回の帽子について苦労した点は「一目で何か分かるように再現しつつ、きちんと帽子として機能する丁度良いデザインに落とし込むまでが大変でした」とのこと。

 一方、ぜひ見てほしい点については「ケーキの苺の部分やパンケーキの焼き目の色など、帽子だけど思わず「美味しそう♪」と言ってしまうぐらいフェルトや麦わら素材でリアルに再現しているので、その点は是非見てほしいですね」と語っています。

 全て手作りだからこそのこだわりがつまったKENTさんの帽子。オリジナルがゆえ、どこまで作り込むかは職人次第なはずですが、「作品の可愛さ」の影には決して手はぬかず、作品と正面から向き合う熱き帽子職人のプライドが隠されていました。

 なお、KENTさんの帽子は現在残念なことに受注停止中。10月1日から再開予定で、その他年内には東急ハンズ新宿店にてPOP-UPショップの展開も予定されています。詳細は決まり次第、SNS他で発表予定となっています。

<記事化協力>
KENTさん(@KENT_HAT)

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)