なんという神々しさ……秋の味覚「シャインマスカットの御神体」が爆誕

なんという神々しさ……秋の味覚「シャインマスカットの御神体」が爆誕

なんという神々しさ……秋の味覚「シャインマスカットの御神体」が爆誕

 秋の味覚の中でも近年特に人気なのが、皮ごと食べられ、大粒で甘い「シャインマスカット」。そのシャインマスカットをふんだんに使用し、「御神体」と例えられた創作スイーツがツイッターで話題になっています。

 話題のスイーツは直径15cm、重量2kg超というビッグサイズのゼリー。ボウルに詰め込まれたシャインマスカットを、アガーと呼ばれるゼリーの素で固めて作られています。美しい球体に透ける大量のシャインマスカット。「御神体」と言われる通り、その見た目に神々しさを感じます。

 このスイーツを作ったのは、山梨県笛吹市でぶどうと桃栽培を勉強中の農業研修生・キュア農家さん(@precure_farmer)。元ファッション雑誌編集者で、東京から山梨へIターン移住し新規就農予定という異色の経歴の持ち主です。

 使用したマスカットは、キュア農家さんが実習を行っている個人農家で採れたもの。ぶどうやマスカットは通常、出荷時に重量や形状を出荷規格に合わせて粒を切って調整するそうで、その際に出た粒は「粒売り」されるのですが、自宅用に持ち帰って食べることもあるそうです。当時、大量の粒が出た為、シャインマスカット農家らしく豪快なスイーツを試してみたくて、制作を思い立ったとのこと。

 完成したゼリーはもちろんキュア農家さんが実食。感想をうかがうと「ゼリーも果物の味を邪魔しませんし、採れたて素材の鮮度のおかげか、案の定美味しかったです」とのこと。こうした通常ではお目にかかれないスイーツを作れるのは、農家従事者の特権と言えるところでしょうか。なんともうらやましい……。

 ツイートに寄せられた、7万件を超える「いいね」などの大きな反響に対しては、「多くの反応を頂けてシャインマスカット人気を再認識した機会でした。シャインマスカットは今出荷最盛期です。旬のお味をみなさんも楽しんでください!」とコメント。

 インタビューを通して、キュア農家さんの狙い(?)通り、シャインマスカットを食べたくなってしまった筆者でした。

<記事化協力>
キュア農家さん(@precure_farmer)

(山口弘剛)

関連記事(外部サイト)