迷子のメジロさんとヒトの小さなハートフルストーリー

迷子のメジロさんとヒトの小さなハートフルストーリー

torinotorio(トリノトリオ)? さん(@torinotorio)より。

動物って意外と人間の事を観察しているな、と感じる時ってありませんか?

たとえば、散歩中の犬にじいっと目線を合わされたり、公園で休憩しているとネコが寄ってきたり、逆に目が合うだけで逃げられたり……。(筆者だけではないと思いますがどうなんでしょうか……?)
しかし、動物好きな人でもなかなか人馴れしてない野鳥と触れ合うことは難しいかと思いますが、あるツイッターユーザーさんが体験したのはその野鳥との素敵な触れ合いでした。

torinotorio(トリノトリオ)? さん(@torinotorio)のツイッターにはそんな場面が紹介されています。「改札内にいたメジロ。外に出れるかな……と見ていたら、頭に留まってきてれたのでホームまで一緒に。仲間の鳴き声が聞こえ無事に飛び立っていきました。思わぬ出会い、何より帰れて良かった:*:.。(??? *) ?」という文章には、人差し指の上にちょこんと留まったメジロの写真。緑色の体に白い縁取りの真ん丸い目。か、かわいい……。

気持ちが通じ合うというのはこういう事をいうのでしょうか。もしかするとメジロさんも、仲間の鳥たちに「人間もまだまだいい人が多いよ」なんて報告しているかもしれませんね。

トリノトリオさんは大の愛鳥家。鳥に関する様々なアートを手掛けていらっしゃるということです。その鳥たちに対する愛情が野生の鳥にも通じたんだと思わせる、素敵なできごとでした。

<記事化協力>
torinotorio(トリノトリオ)? さん(@torinotorio)

(梓川みいな)

関連記事(外部サイト)