低用量ピル、PMSや子宮内膜症などの治療目的で処方も 血栓症など副作用リスクも話題

記事まとめ

  • 避妊目的ではなく、PMSや子宮内膜症、生理不順などの治療目的でピルを使う人もいる
  • ピルの副作用として血液の凝固作用を促進させるというものがあり、血栓症のリスクも
  • 35歳以上で、1日15本以上の喫煙歴あり、高血圧がある人には処方されないことが一般的

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております