元・美大生が考案!この世の全てをミニチュアにする方法

元・美大生が考案!この世の全てをミニチュアにする方法

巨大1円玉と自転車

 美術大学の卒業生で、学生時代は特撮(自主制作)で使うミニチュア作品などを作っていた「たいちゃん」さん(@Taiga0825Taiga)。そんな「たいちゃん」さんが考えた「この世の全てをミニチュアにする方法」が話題になっています。

 「たいちゃん」さんは、美術大学在籍時、「ビビッドマン製作委員会」という怪獣や巨大ヒーローの特撮作品を制作している有志団体に所属。「たいちゃん」さん曰く「大学の頃はちゃんとミニチュアを作っていました」とのこと。

 そんな「たいちゃん」さんが8月3日、自身のTwitterで「この世の全てをミニチュアにする方法を見つけてしまった」とツイート。その方法とは……なんと、巨大な1円玉を作って、いろいろな場所で写真を撮ること。

 投稿された写真には、自転車や自動販売機など一緒に撮影した巨大1円玉が……。たしかに、こうして撮影すると1円玉以外のモノが小さく見えます!

 「たいちゃん」さんによると、この巨大1円玉は実物の約50倍の大きさで、3時間かけてダンボールで作ったそうです。また、「重さは正確なことはわかりませんが、とっても軽いです。1キロも無いと思います」とのこと。

 たった3時間で、こんなに実物そっくりで巨大な1円玉が作れるなんて……すごい!それとも、美大生にとっては朝飯前なのでしょうか?いや、それでも、すごい!

 今までミニチュアを作っていた「たいちゃん」さんの1円玉を巨大化させるという「逆転の発想」に、コメント欄には「すばらしいアイデア」「発想の勝利」「天才だ」など、絶賛する声が寄せられています。

 「今後もこういったアホらしいことをやっていくつもり」と、制作活動に意欲を燃やす「たいちゃん」さん。次回作以降は、「はたらけ帝国」(@hataraketeikoku)というアカウントで披露していくとのことなので、注目していきたいですね。

<記事化協力>
「たいちゃん」さん(@Taiga0825Taiga)

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)