ストップウォッチに嫉妬する文鳥 「違うそれじゃない!愛でるのは私の方!」

ストップウォッチに嫉妬する文鳥 「違うそれじゃない!愛でるのは私の方!」

ABUNCHOOさん(@abunchoo_bird)

 ペットを飼っていると、とかく溺愛しがち。その愛情がペットにも伝わると、甘えたり、かまって欲しがったりとますます可愛い反応を見せるようになってくれます。そんな文鳥に、ストップウォッチを撫でてみせた時の反応をツイッターに投稿したら、ネット民も思わず反応する状態になっています。

 「ストップウォッチの方をかわいがったら怒られる」と、その文鳥の様子を動画にして投稿したのは、文鳥とセキセイインコの飼い主であるABUNCHOOさん。手のひらの上のストップウォッチを撫でてみると、文鳥がその指を払いのけようとしたり、威嚇の鳴き声をあげたりと、とにかく自分以外を撫でることに対してとにかく気に入らないご様子。

 ストップウォッチを指先の方へちょっとずらして、文鳥が手のひらに乗れるスペースを作り、ナデナデしてあげると……最初は威嚇の声をあげていた文鳥もナデナデに満足したように落ち着きます。が、またストップウォッチを撫でると嫉妬全開、お怒りモードに。そんなことを交互に繰り返されて、文鳥も感情が忙しそう……。

 この文鳥は、ナイトちゃんという2歳の雌の文鳥。どんな性格なのかをABUNCHOOさんに聞いてみたところ、「自分がいちばん愛されている!と思っているお姫様です。なので、なでてほしいときは人間の都合おかまいなく、無理やり手の中にねじ込んで入ってきて、なでなでしてもらってます(笑)。その反面、人間たちのことを群れとして大切にしてくれるので泣いていたり疲れてると自然と肩やお腹の上・手の中に入っていつまでも寄り添ってくれるとても優しい子です」と、ペットに愛情を注いでいるとありがちな状態になっているご様子。

 そして、ナイトちゃん以外を構っているとみると、とたんに嫉妬心メラメラになってしまうようで「1番いい例が、PCのマウスで、マウスに手を置いていると、横から無言で、無理やりねじこんできてマウスの代わりになります。『かわいいねぇ』などとマウスに話しかけると、今回のストップウォッチのように怒ります。鳥型のぬいぐるみだとさらに怒ります」と、これまた小鳥さんあるあるなご様子。マウスを持っている手の形、ちょうど文鳥を手で包み込んでいる形と似たような状態になりますもんね……。そして鳥型のぬいぐるみは同じ鳥類として認識しているのかも……???

 ちなみに、同居鳥のセキセイインコもやっぱり同じく嫉妬心旺盛なご様子。「文鳥と私がじゃれあっていると、インコが飛んできて怒ったりもしますし、その逆もあります。かといって、文鳥とインコがすごく仲悪いかというと、そうでもなくて、個別放鳥をすると、インコがずっと文鳥のカゴの前で待ってます」と、不思議な距離感のある関係みたい。お互い喧嘩するほどではないけど、飼い主さんの愛情は自分が一番欲しい!といったところなのでしょうか……。

 小さくても感情豊かな小鳥さんたち、こんな嫉妬されるほど愛されると飼い主冥利に尽きますよね。

<記事化協力>
ABUNCHOOさん(@abunchoo_bird)

(梓川みいな)

関連記事(外部サイト)