マスク中の「息でメガネが曇る」を回避する裏技 警視庁が紹介

マスク中の「息でメガネが曇る」を回避する裏技 警視庁が紹介

警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)より

 風邪をひいてくしゃみが止まらなかったり、アレルギーで鼻が大変な事になったり、災害時や大掃除で埃を吸わないようにする時に使う使い捨てマスク。手軽で便利な一方で、マスクを付けてメガネをかけると「息でメガネが曇ってしまう」という問題点もあります。そんな時に試したい、簡単にマスクの曇りを軽減できる裏技を警視庁警備部災害対策課公式ツイッターが紹介してます。

 「災害時、埃等防止のためマスクが必須となります。眼鏡の方は、「マスクをすると、自分の息で目の前が真っ白!」の経験ありませんか?解決方法は、マスクの上部を内側に折る、若しくは、マスクの内側にティッシュを添えるだけです。花粉症の季節や風邪の時にも使えますので、一度お試し下さい。」と、その方法を画像付きでツイッターに投稿しています。

 筆者も実際にやってみたところ、上部を内側に折る方法では、曇り度は半減した感じ?完全とはいかないにしても一部曇る程度になりました。では、ティッシュペーパーを折りたたんで挟んでみたところ……。だいぶマシになった感じ。ただ、マスクと鼻の間のすき間にしっかりとティッシュがフィットしてないと、やはり一部が曇る感じでした。

 個人的には、4つ折りにしたティッシュをさらに半分に折って、鼻に添わせる形にしてマスクを装着すると、より曇り度が軽減した感じでした。こうする事で、マスクのすき間から息が上の方へ行くのを遮断しやすくする事ができます。

 このツイートが投稿されると、早速やってみた人も。「マスクの上折り返してみました。全く曇らないわけではないが、しないのとは全然違います」「内側に折ってみたところ、完全に曇らなくなりました!」と言った反応が。

 これからの季節、風邪をひいてマスクを着用する人や、秋のアレルギーでマスクを付けないと鼻がつらい人も増えるかと思いますが、この方法で何とか乗り切れるといいですね。ちなみに、マスクは、鼻の上から顎の先まできちんとしっかり覆うのが正しい装着のしかたですよ。

<引用・参考>
警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)

(梓川みいな)

関連記事(外部サイト)