フォークリフトの達人が「3分間で10円玉をペットボトルの中に何個入れる事が出来るのか!?」に挑戦 達人のメンタルに驚愕

フォークリフトの達人が「3分間で10円玉をペットボトルの中に何個入れる事が出来るのか!?」に挑戦 達人のメンタルに驚愕

器用な手つき

 おもしろい事なら何でも挑戦するエンタメチャンネル「もぐら企画室」が、フォークリフトの達人が「3分間で10円玉をペットボトルの中に何個入れる事が出来るのか!?」という、挑戦動画をYouTubeに投稿しました。はたして、結果は……!?

 工場や倉庫の現場で荷物の上げ下ろしの時に活躍するフォークリフトを使って、 誰にも真似できない神技を持っているという達人が、山口県にお住まいの吉松さん(38歳)。自営業をされていて、フォークリフト歴は20年。

 誰にも真似できない神技というのは、フォークリフトで地面に落ちている10円玉を拾い、ペットボトルの中にその10円玉を入れるというもの。本当に、そんなことが出来るの?と疑ってしまいますが、びっくり仰天!

 動画を見てみると、吉松さんはフォークリフトのツメを巧みに操って、地面に落ちている10円玉を「ぴょん!」っと拾い上げ、ツメに乗せた10円玉を「そーっと」ペットボトルの口に近づけ……なんと!大きさギリギリの穴にイン!すごい……これは神技だわ……。

 いったいどうやっているのか、詳しく話を聞くと、10円玉を拾う時は、ツメの角度を絶妙に調整して跳ね上げ、ツメの上に乗った10円玉は、細かい上下動で振動を与えて動かすのだとか。それにしても、なんとも器用な手つきです。

 「20年もフォークリフトを使っていれば、練習なんてしなくても自然に何でも拾えるようになる」と、自慢げにドヤ顔で話す吉松さん。まさにフォークリフトの達人です。ちなみにこの挑戦は海外でも人気なようで、各国の達人達の挑戦動画もYouTubeでみることができます。

情報提供:もぐら企画室

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)