イラスト×小説×音楽の“読める”プレイリスト「#drawmusic」プロジェクト始動

イラスト×小説×音楽の“読める”プレイリスト「#drawmusic」プロジェクト始動

「#drawmusic」丸紅茜さんイラストのドライブやお出かけで聴きたいプレイリスト

 テーマに沿って、様々なアーティストの楽曲が1クリックで聴けるプレイリスト。でも、なかなか自分が求めているのを見つけるのは大変です。そんな中、カバーイラストや漫画、小説を手がかりに、初心者でも自分に合ったプレイリストを見つけられる「#drawmusic」というプロジェクトをUniversal Musicが始めました。

 この「#drawmusic」は、Universal Musicとイラストレーター、小説家がタッグを組み、SNS上でプレイリストのテーマに沿ったイラストや小説を掲載。そのイメージを入り口にプレイリストを選び、聴くという新しいプレイリストの選び方です。

 いわばCDやレコードの「ジャケ買い」のように、イラストや漫画、小説でプレイリストを聴くきっかけを提供するもので、Apple MusicやSpotifyなどを通じ、気軽に新たな楽曲と出会うことができます。聴き放題のサブスクリプションサービスだからこそ、というプロジェクトかもしれません。

 イラストレーターとプレイリストとのコラボレーションでは、Twitterで人気のイラストレーター、ともわかさん(フォロワー数約5万人)や、丸紅茜さん(フォロワー数約8万人)がプレイリストのカバーを担当。プレイリストのテーマに沿った漫画をTwitterに投稿しています。どちらもツイートの反応は好調で、実際に投稿されたリンクからプレイリストに飛んだ数も500回以上となっているとか。


 また、小説家兼ラッパーのハハノシキュウさんは、自身の書き下ろし小説とプレイリストとのコラボを実施。ポップカルチャー発信メディアのKAI-YOU.netにて公開される小説を読みながら、プレイリストを聴くというクロスオーバーな体験を提供するとのこと。

 CDやレコードのジャケ買いでは、自分が普段聞かないようなジャンルの楽曲にお気に入りが見つかったりと、意外な音楽の縁結びがあったりするものですが、それをSNSやサブスクリプションサービスと組み合わせるというのは、ちょっと面白い試みです。これらのプレイリストを紹介する投稿は、SNS上のハッシュタグ「#drawmusic」で検索可能なので、面白そうなイラストや漫画、小説を見つけたら、そこからプレイリストに飛んで聴いてみるのもいいかも。

情報提供:Universal Music

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)