発達障害だって個性 1枚の葉で独自の世界を表現する「葉っぱ切り絵クリエイター」

発達障害だって個性 1枚の葉で独自の世界を表現する「葉っぱ切り絵クリエイター」

1枚の葉っぱで作り上げた「葉っぱ切り絵」

 「『モコモコポップコーン』おやつのじかんになると、ひつじのポップコーン屋さんがベルをならしてやってきます。『できたてのポップコーンはいかが?ポンポンはじけて今が食べごろだよ』 #切り絵」

 9月のある日、そんな文面とともに、Twitterにて投稿されたツイートがちょっとした話題になったのをご存知でしょうか。「どんな内容だろう?」と、筆者はそのツイートをクリックして詳細を確認。すると、そこには1枚の葉っぱを摘まんだ画像が。

 「え、葉っぱ!?」と驚いた筆者。そこには、ポップコーン屋を営んでいる羊が、ベルを片手に子羊たちに出来立てのポップコーンを勧めている構図を、1枚の葉っぱを切り絵にして紹介している様子。しかもこの切り絵、よくよく見ると、羊の横にはポップコーン屋台のワゴンや、知らせを聞いて飛び上がって喜んでいるような子羊の様子も表現しており、非常な精巧な作りなんです。

 「葉っぱ1枚でこれはすごい!」と感じた筆者は、さっそくこのツイートの投稿者であり、この作品の製作者でもあるリト@葉っぱ切り絵さん(以下リトさん)に話を伺いました。

 リトさんは、1枚の葉っぱで様々な世界観を表現する「葉っぱ切り絵クリエイター」。毎日制作したものを、ご自身のTwitterやInstagramに紹介しており、今回の「モコモコポップコーン」以外にも、様々な「葉っぱ切り絵」作品を投稿し、都度話題になっておられます。

 そんな葉っぱ切り絵。使用している葉や、どのように世界観をイメージしているかも気になるところです。

 「葉っぱについては、切り絵に向いている椿やサンゴジュの中で、サイズ感が合ったものを毎回探しに行っているんです。そこから制作に入っていくんですが、完成イメージをあらかじめ紙に下書きして、それを見ながら、葉っぱの裏にペンで写していく流れになっていますね」

 制作過程について、そう仰ったリトさん。ちなみに過去投稿された作品を拝見すると、葉の幅もですが、作品によっては今回の「モコモコポップコーン」のように、葉を横にした作品だけでなく、縦に使用した作品も。イメージとリンクした葉を探すのも、決して容易なことではないことが伺えます。

 今回の「モコモコポップコーン」も、題材探しの際に、ポップコーン屋さんの販売ワゴンを目にしたことがきっかけで、「モコモコした身体がポップコーンみたいで」ということで、生き物は羊を選ばれたそうなんですが、そこからが大変だったとのこと。

 「制作中はワゴンの車輪に、ポップコーンや羊一体一体の目を切り抜く作業工程が多くて、いつも以上に時間がかかりました。それに葉っぱは、一度刃を入れると痛みが早いので、乾燥や変色が始まる前に仕上げなきゃいけないんです。時間との勝負でもあるんですが、今回はいつも以上に時間がかかりましたね」

 「作業は素早く丁寧に」とはいいますが、このクオリティでそれが出来てしまうリトさんに、筆者はただただ驚くばかり。実際のツイートにも、リトさんの世界観への共感と、葉っぱ1枚で表現していることへの驚きの声が続出しました。

 それにしても、この作品を生み出すのには、並大抵の集中力やこだわりがないと出来るものではありません。実はリトさんは、「ADHD」と呼ばれる発達障害を抱えており、過度に集中した状態に陥る「過集中」の症状を持病にされています。しかしながら、リトさんご本人は、その症状についてマイナスには捉えていません。

 「確かに僕は発達障がい者です。集中力は偏ってますし、こだわりも強い人間です。でもそれは僕の個性。前向きに捉えて、葉っぱ切り絵の作品作りにも活かしています」

 と、自身について語るリトさん。そんなリトさんの想いが乗り移った作品だからこそ、多くの人を魅了しているのかもしれませんね。

<記事化協力>
リト@葉っぱ切り絵さん(Twitter:@Teriyaki_Cheese/Instagram:@lito_leafart)

(向山純平)

関連記事(外部サイト)