こんなん作ってます 猫クリエイターが作った「パズル猫小皿」に反響

こんなん作ってます 猫クリエイターが作った「パズル猫小皿」に反響

中央部分がハチワレ猫皿になっている「パズル猫小皿」。

 猫は、愛玩動物として人気が高いと同時に、それを題材とした様々な作品が、広く世に出回っている動物でもありますが、先日Twitterでとある「猫アート」が反響を呼びました。

 「パズル猫小皿」というタイトルでTwitterに投稿したのは、北海道旭川市で、猫をモチーフにした様々な作品作りをされているNEKO3さん。

 「過去最高の反響だったんです」と、当時を振り返るNEKO3さん。どんな作品かというと、魚の形状をした陶器のお皿なんですが、小皿をまるでパズルのように組み合わせたものになっており、中央部分は、ハチワレ猫の形状の「猫皿」になっているんです。

 さらに各小皿にも、様々なデザインで実に華やか。「sky」「fly」といった文字の記載に、草原や星などのイラスト、先述のハチワレ猫の胴体をイメージしたかのようなデザインが施されており、猫好きが思わず反応せざるを得ない「パズル猫小皿」に。

 リプライ(返信)欄でも、「ステキです〜!」「食卓が楽しくなります」「可愛すぎ〜デザイン天才」「凄い!良いわあ〜」「これはほしいわ〜」といった反応が。これにはNEKO3さんも大喜び!と思いきや……

 「正直ちょっとびっくりです。なぜパズル猫が人気なのか良く分からなくて(笑)」

 だったそう。実はこのパズル猫小皿は、今から4〜5年前に、北海道のとある陶芸市の人気投票用に特別に作ったもので、これひとつしかないそうです。

 ちなみにNEKO3さんは、作品を普段からTwitterで紹介しています。猫の形をした木工作品もあれば、「漫画も描いているんですよ」ということで、コミカルなデザインが施された食器などもあり、多種多様なラインナップ。

 今回もその一環ということで、「#こんなん作ってます」と紹介。それが思いもよらぬ反響だったということで、「これまで最高3000くらいでした」という「いいね」は5000に迫るほど。

 とはいえ、パズル猫小皿についても、出展当時も銀賞(2位)を受賞されたそうで、決して評価されていなかったわけではなかった模様。今回こうして“陽の目を浴びた”ことで、NEKO3さんも改めて作ってみたいとのことでした。

 そんなNEKO3さんですが、現在23.8歳というミミちゃんと暮らしており、その様子の投稿が実は「一番人気」なんだそうです。

<記事化協力>
NEKO3さん(@tamakiti3)

(向山純平)

関連記事(外部サイト)