【2020年版】最低限ここまではやっておきたい! パソコン&スマホのセキュリティ対策

【2020年版】最低限ここまではやっておきたい! パソコン&スマホのセキュリティ対策

【2020年版】最低限ここまではやっておきたい! パソコン&スマホのセキュリティ対策

ビジネスやプライベートで調べものなどをする際、インターネットで検索……という人は多いと思います。ネットはたしかに便利ですが、そこには思わぬ危険も潜んでいます。ネット上の脅威からリスクヘッジするため、皆さんはパソコンやスマホにしっかりセキュリティ対策をしていますか?

◆ランサムウェアに仮想通貨の流出…起きると怖いセキュリティトラブル

「セキュリティの必要性は理解しているけど……」
「そもそもセキュリティって何をどこまでやればいいの?」

なんて思っている人もいるかもしれませんが、何も対策をせずにインターネットを使っている、という場合は要注意です。

セキュリティ対策をおろそかにしていると、思わぬ被害やトラブルにあうリスクが高まってしまいます。そうなる前に最低限、やっておくべきセキュリティ対策のポイントを押さえておきましょう。

では、実際にはどのようなセキュリティトラブルがあるのでしょうか。まずは2019年の傾向を振り返ってみます。

1位:クレジットカード情報の不正利用
2位:フィッシングによる個人情報等の詐取
3位:不正アプリによるスマートフォン利用者への被害
4位:メール等を使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求
5位:ネット上の誹謗・中傷・デマ
6位:偽警告によるインターネット詐欺
7位:インターネットバンキングの不正利用
8位:インターネットサービスへの不正ログイン
9位:ランサムウェアによる被害
10位:IoT機器の不適切な管理
(※出典:情報処理開発機構(IPA)「情報セキュリティ10大脅威 2019」)

2019年は平成から令和への改元を悪用した詐欺手口や、宅配業者や携帯キャリア、ネット銀行をかたったニセメールやニセSMSなども頻発。また増えつつある「IoT機器」のセキュリティ問題にも注目が集まるなど、詐欺手法の悪質化が目立ちました。

◆2020年に注意すべきセキュリティリスクは?

それでは2020年はどのような点に気をつければいいのでしょうか。

「東京五輪」のような国際的なイベントが開催されることから世界中の注目を集めることが予想されます。その分、サイバー攻撃の標的になりやすいとも言われています。

マカフィー発表の「McAfee Labs 2020 Threats Predictions Report(マカフィーラボ、2020年の脅威予測レポート)」やアバスト脅威研究所の「2020年版脅威予測レポート」などによると、ますますの手口の巧妙化が進むと推測されています。

その一つが「ランサムウェア」。パソコンやスマホなどの端末やデータを使用不能にし、その復元と引き替えに身代金を要求する手口。この手法が「2段階での攻撃」に“進化”するのでは……と考えられているようです。

攻撃者はまず、これまで通りランサムウェアを仕掛けて脅迫。そして復元中であせるユーザーに対し、盗んだデータを開示するなどで脅し、さらに身代金を奪い取ろうとする、という手口が想定されています。

また、AIによる深層学習を悪用したフェイクコンテンツによる攻撃も登場するのでは、とも言われています。加えて、IoTの普及が進むことで、そういった機器を狙った攻撃の増加も考えられます。

◆セキュリティ対策はどうして必要か?

ネットショッピングやアプリのダウンロードなど、気軽に使えるのがネットの利点ですが、このような危険性があるため、セキュリティ対策をいい加減にしてしまうと、気付いたときには被害者に……という事態も起きかねません。

サイバーセキュリティの考え方としては、自分が住んでいる家を想像してみてください。外出する際や就寝時、不審者の侵入を防ぐ目的で玄関に鍵をかけますが、セキュリティはその鍵のイメージと言えます。

もし鍵をかけていけなければ不審者、つまりウイルスやサイバー攻撃者などが自由に出入りできてしまいます。

セキュリティは、ほかにも不正な侵入がないかを見回ったり、万が一、悪意のあるプログラムなどに感染した場合も二次被害を防ぐために働いてくれたり、被害を食い止めるべく機能してくれます。

特に近年は、スマホを狙った悪質な攻撃が増加傾向にあります。パソコンはセキュリティ対策をしているけどスマホはしていない……という人は、要注意です!

◆パソコンやスマホをネット上の脅威から守るための7つの基本対策

では、脅威からパソコンやスマホを守るためにはどうすればいいのでしょうか。ケース別にまとめてみます。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)