ADSLと光回線の違いって何? 速度? 仕組み? 料金? 今光回線に乗り換えるべき理由

インターネット接続に必要な回線には、大きく分けて「光回線」と「ADSL」があります。ところで皆さんは、両回線の違いがどこにあるかわかりますか? なんとなく「通信速度が違う」というイメージはあるかもしれませんが、具体的なことは……という方も多いでしょう。そこでサポート窓口に寄せられるよくある問い合わせの一つでもある、「ADSLと光回線の違い」について見ていきます。

◆そもそもADSLとは? 光回線とは?

まずは2種類の回線の概要をまとめてみます。

【ADSL】
ADSLはAsymmetric Digital Subscriber Lineの略称で、メタルケーブルを使用した高速デジタルアクセスの技術のこと。もう少しわかりやすく言うと、「従来の電話回線を利用してインターネット通信する方法」となります。

電気信号を使って通信するため物理的な距離の問題が生じ、インターネットに接続する場所がNTTの基地局から遠方になるほど通信スピードに影響が出てしまいます。

【光回線】
光回線は「光ファイバー」と呼ばれる伝送路(光回線)の中に光信号を通して行われる高速通信。電気信号を「ONU」と呼ばれる機器を経ることで光信号に変換し、通信が行われます。

物理的な距離の影響を受けることはほぼなく、基本的には環境を問わずに高速通信が可能に。回線の種類にもよりますが、1Gbpsや10Gbpsなど、高速通信を実現してくれます。

◆光回線とADSLの違いとは?

このように2つの回線は、その通信方法からして異なりますが、もう少し普段利用するシーンに合わせて違いを見てみましょう。

(1)通信速度が違う
ADSLと光回線の最大の違いと聞かれたら、やはりスピード。ADSLが最大50Mbps程度なのに対し、光回線は近年、最大速度1Gbps(=1,000Mbps)が主流となっています。

通信スピードに差が出るのは、先ほど説明したようにデータ伝達方法が異なるためで、距離の影響を受けない光回線の方が高速通信できるのです。

(2)通信の安定性
通信スピードの違いにも関係することですが、データ伝達に使われる回線により、ADSLと光回線ではインターネットの安定性自体にも差が見られます。

ADSLで使われる電話回線は、周辺にある同回線の影響でノイズを起こしやすい性質があるため、インターネット通信に影響が出やすい面が……。一方の光回線はノイズの影響が発生しづらく、インターネットを安定して使うことができます。

(3)通信費
ここまで見てくると光回線の方が速度も安定性も高く、ADSLよりもメリットが多い通信手段と言えます。

ただADSLが勝っている点もあります。それが毎月の通信費。例えば@niftyのADSL接続サービスの場合、NTTの固定回線を持っていなくても月額1,880円〜から利用できます。

光回線については、マンションタイプ4,480円、ホームタイプ5,800円(いずれも3年プラン)となっていて、ADSLの方がリーズナブルに使えることがわかります。

◆ADSLと光回線の見分け方はある?

自分が利用している回線がADSLか光回線かわからない……という方は少ないかもしれませんが、念のため、回線の見分け方をいくつかまとめてみます。

・契約時の書類(「契約内容のご案内」「開通のご案内」など)で確認
もっとも確実な方法がこちら。開通時に送られてきた書類(※@nifty光の場合「契約内容のご案内」)で、「ご契約サービスについて」の「名称」の項目をチェックしてください。光回線なら「@nifty光 マンションタイプ」など契約コース名が表記されています。
?

・回線との接続方法
ADSLの場合、室内のモジュラージャックとパソコンの間にADSLと書かれたモデムがあるほか、電話機とADSLとの分配をする、「スプリッタ」と呼ばれるマッチ箱より少し大きめの機器があります。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)